ライブナウ

ビゴライブとは運営会社

ビゴライブとは運営会社

BIGOLIVE(ビゴライブ)を1番わかりやすく解説【運営会社は危険?】

BIGO LIVEって初めて聞いたけど、どんなアプリ?
ちょっと胡散臭い。危険なアプリじゃない?
ビゴライブって実際にはどう?試してみた人の声が聞きたい

最近、ツイッター広告や周りからの紹介でBIGO LIVE(ビゴライブ)に興味があるのではないでしょうか。

結論から言うと、BIGO LIVEは外資の成長企業が運営する、今後伸びる可能性を秘めた安全なアプリです。

この記事では、ビゴライブが本当に信頼できるのか?他のポコチャイチナナライブなどの生配信アプリと何がどう違うのか?

など、あなたが疑問に思っていることを、すでにビゴライブを数十時間使用した私が、徹底的にお伝えしていきます。

最後まで読めば、ビゴライブをインストールすべきかどうかを把握することができます。

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ

BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.無料

1.ビゴライブとは海外発祥の安心できるライブ配信アプリ!

ビゴライブとは

iTunesの評価★★★★4.4(1,500件以上のレビュー)

 

ビゴライブは、シンガポール発のライブ配信サービス

他のライブ配信アプリと同じように、気軽に配信を見ることができます。

デジタルギフトを購入して他の配信者に送る点は他のライブ配信と同じ。

しかし、海外のユーザー(東南アジア)が多いのは、ビゴライブならではの特徴となるでしょう。

※シンガポールを中心に、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピンなどでブームになっている

広告のトラックも沢山走っており、その宣伝効果あってか国内10代の配信者も急増しています。

18歳から25歳の若年層を中心とした人気があり、2016年3月にローンチされてから、2017年までの約1年間で7,000万人もの登録ユーザを世界各地で獲得している急成長アプリです。

登録ユーザの1日の平均利用時間は40分、月間アクティブユーザ数は3,000万人です。日本には2018年7月に上陸しています。

2.ビゴライブは危険?運営会社BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.について

ビゴライブの運営会社

ビゴライブは、海外発祥のアプリです。

結論から言うと、全く怪しい要素がありません。海外ではありますが、しっかりとしたベンチャー企業が運営しているアプリです。

私も最初はツイッターなどで見て、「胡散臭いな」と感じていましたが、調べて見ると、思ったより有望な企業でした。

会社は2014年に創業されたので、5年ほどの新興企業です。

驚くべきなのは、このたった5年で急速な成長を遂げていることです。

Mission

To create a better-connected world and bring it to everyone.

Vision

We embrace the growth of local Internet industry with our valuable experience and aim to become a regional Internet leader.

直訳すると、「より良いつながりのある世界を創造する。そして、それをすべての人に届ける」といった壮大なビジョンとなります。

これらのビジョンに順じて、他のアプリもいくつか開発されています。

2-1.ビゴライブ会社の他4つのプロダクト

BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.は、ライブ配信アプリ「ビゴライブ」のみならず、他のアプリやサービスの開発も行なっています。

1.Likee

likee

ショートビデオの作成・投稿プラットフォーム

インスタの動画バージョンのようなアプリですね。

2.imo

グローバルなビデオコミュニケーションプラットフォーム。

海外の家族や友人と円滑にビデオ通話ができるプラットフォーム。

imoは2億人以上のユーザーと家族や友人とのつながりを築いてきた。

3.Hello Yo

多機能音声ソーシャルプラットフォーム

Hello Yoは、マルチプレイヤーボイスチャット、インスタントインタラクション、カジュアルデートを統合した音声ソーシャルプラットフォームです。音声ルームを通じて友達を作ることで、ユーザーは簡単に自分のソーシャルサークルを拡大し、同じ考えを持つ友達に出会うことができます。

4.Cube TV

BIGOcube TV

http://www.cube.tv/

Cube TVは、リアルタイムインタラクション、Eスポーツコンテンツのためにグローバルゲーマーを提供し、地域のゲーマーコミュニティを促進しています。

Eスポーツとゲームのコミュニティに焦点を当て、リアルタイムの交流、Eスポーツのコンテンツをグローバルなゲーマーに提供し、地元のゲーマーのコミュニティを促進するのがCube TVです。

様々なアプリを開発していることから、信頼できるアプリだということが分かります。

2-2.ビゴライブの会社の略歴

2014.11
BIGO社創業
2016.03
BIGO LIVE サービス開始
2016.04
BIGO LIVEタイでNo.1に
2017.03
シリーズCで4億調達
2017.07
Likee (Formerly LIKE video)サービス開始
2017.11
Likee (Formerly LIKE video) Google Play 2017トップ3表彰
2018.06
シリーズDで4億完了
2018.12
BIGO LIVE と Likee (Formerly LIKE video) で合計 69,000,000 MAU達成
2019.03
YY Incを買収
 
2019.05
月間アクティブユーザー400,000,000達成

凄まじい成長ですね。しっかりと随所で資金調達を行なって、急速な成長を遂げています。

数値の規模がものすごいです。

結論として、ビゴライブは全く怪しいアプリではないと分かりましたね。

3.ビゴライブの3つのメリット

3-1.マルチゲスト配信やPKなどの独自の機能がある

機能1.マルチゲスト配信

マルチ配信とは、多人数で行う配信です。(最大9人)

4人部屋、6人部屋、9人部屋を作ることができ、知り合いとワイワイと会話できます。

閉鎖的なコミュニティの親密度を上げるために、マルチゲスト配信は使えそうですね。

機能2.PK配信

ライブ配信者VSライブ配信者の1対1で競い合う機能になります。

どちらの配信が盛り上がったかで勝者が決定します。

盛り上がりポイントはギフトやハートによって判断されます。

3-2.ユーザー数は2億を超える(グローバル)

ユーザー数が圧倒的に多いため、視聴者の数は比例して多くなります。

ビゴライブのユーザーは多い

 

ブラジル、アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、インド、ベトナム、ロシア、エジプト、モロッコ、アルジェリア、韓国、日本

実は、ビゴライブ、ライブ配信の中ではトップの登録者数を誇ります。

ビゴライブ 2億人 グローバル
LiveMe 1億人 グローバル
イチナナ 約5000万人グローバル
LINELIVE 約2000万人グローバル
MixChannel 約1000万人 ドメスティック
SHOWROOM 約700万人 ドメスティック
ミラティブ 約400万人ドメスティック
DokiDoki LIVE 約200万人ドメスティック

日本ではイチナナのシェアが大きいですが、世界規模で見ると、ビゴライブのシェアが大きいことがわかります。

視聴者の数が多ければ、それだけチャンスが増えることになります。

また、日本に上陸して日が浅いため、参入障壁が低いと言えます。

他のライブ配信で人が集まらなかった方は、ビゴライブを試してみてはいかがでしょうか。

3-3.誰でも配信できて、換金できる

ポコチャの時給制とは異なりますが、イチナナやshowroomに比べ、競争率が低いため、収益までこぎつける可能性は極めて高いです。

時に今は、日本人ユーザーが少ないため、海外向けに発信すれば成功しそうです。

とは言っても外国語を話せない!という方もいるでしょう。

仮に話せなくても、日本語でアニソンなどを歌うなど、日本の文化を発信すれば固定ファンはついてきてくれるイメージがありますので、やり方次第でカバーできるでしょう。

今後日本で大流行するかもしれませんし、そうなると日本語でも何ら問題ありません。

今からスタートするのが一番賢そうなタイミングだと、長年の経験から感じています。

MEMO

容姿やトークが優れている、一発狙いたい人→イチナナ

コツコツ地道にしっかり稼ぎたい人→ポコチャ

ライバルが少ない、未開の地で賢く配信したい人→ビゴライブ

4.ビゴライブの3つのデメリット

4-1.怪しいアカウントが存在していた

ビゴライブ詐欺

 

過去には、SNSを使っていると、ビゴライブを名乗るアカウントからスカウトを受けたりした人もいるみたいです。

時給を発生させて、配信をお願いされるというものです。

公式以外からのDMは基本的に無視しないと痛い目にあいます。

最近は運営の監視により、少なくなってきましたが注意が必要です。

公式からのアナウンスのみ信じましょう。

ビゴライブ運営さん頑張ってますね。

4-2.ドルでの受け取りになるので、為替の変動の影響を受ける

ビゴライブ換金デメリット

ビゴライブはシンガポール発の配信サービスになります。

国外サービスですので、ビゴライブ内で貰える「ビーンズ」を一度ドルに変換しないといけないデメリットがあります。

ドルから、円に両替しないといけません。ドル円の為替レートによっては、収益が変動するのが厄介かもしれません。

4-3.設定を変えないと居住地がバレる

ビゴライブですんでるところバレる

画面に表示される、画像のような「現在地の許可」に、ついうっかり「有効化」してしまうと、

住んでいる都道府県がバレてしまいます。

特定される可能性が高くなってしまうので、必ずプライバシーから設定を変更するようにしましょう。

ビゴライブプライバシー身バレ


5.ビゴライブの収入は?どれくらい稼げるか

ビゴライブの収入

5-1.ビゴライブのビーンズは換金すると約0.3〜1円

おおよそ1ビーンズ=約0.3〜0.4円換金のイメージ。

100ビーンズ=100ダイヤ==1セント=1USドル=およそ100円

ちなみに、もらうビーンズが多ければ、BIGOライブトップ画面に表示され、さらなる露出をはかることが出来ます。

5-2.トップBIGOLIVEライバーの稼ぎ


700万ビーンズですから、低めに見積もっても100万〜500万くらいの額をビゴライブだけで稼ぎ出したことになります。夢がありますね。

5-3.素人でも稼げるか?他のライブ配信との違い

今のYouTube業界のように、先行者利益はあるかと思います。

フォロワー0かのスタートでも、なんと100人ほどの視聴者が集まります。

それくらいの視聴者が集まれば、1回の配信で数百円相当のビーンズを受け取ることも現実的に可能でしょう。

海外の視聴者が多く、外国語で話しかけられることもありますが、google翻訳が常備されているので、初心者でも安心してコミュニケーションできます。

海外からの投げ銭をもらうことができれば、大きな突破口になるでしょう。

なぜなら、海外はチップの文化があるため、額も量も大きく投げ銭してくれるからです。

ビゴライブ日本チームとしても、2019年春~秋にかけて、広告報酬を増大させたこともあって本腰が入ってきていますので、今がチャンスだと言えます。

5-4.ビゴライブは時給制か

ビゴライブは時給制ではありません。

しかし、事務所を通すと、時給制になる可能性があるみたいです。

調べてみましたが、ちょっとまだ確実に時給制で配信できるかは分かりません。

いくつかサイトがあったのですが、新興の会社、事務所っぽいので、信頼できるかというと、ちょっとまだ分からない部分があります。

結論、今は時給では配信できないと思ってもらった方が良いでしょう。

ポケットステージ
REMEMBER

6.ビゴライブまとめ | 規模のわりにライバーが少なくチャンスあり!

事務所も目立ったところは日本にまだ無く、イチナナやポコチャに比べて、ユーザー数は多いのに配信者が少ないという状況です。

海外で流行するサービスは数年遅れて日本でもブームになると言いますし、やはり今から配信者として試してみるのが

有名になれたり

とんでもない数の投げ銭を貰える

チャンスだと言えます。ライブ配信をしようか迷っている人、稼げなかったり、人が来なくて挫折した人。

ぜひビゴライブでの配信にチャレンジしてみましょう!

7.ビゴライブの登録方法・始め方

所要時間たった2分(登録から配信まで)

STEP.1
ストアからダウンロードする

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ

BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.無料

STEP.2
各種SNS認証or携帯電話番号があれば、誰でも簡単に登録できます

ビゴライブ登録

 

私はグーグルアカウントの連携がスムーズで、見られたくない情報が連携されにくいため、オススメです

STEP.3
各種基本情報を入力

ビゴライブ簡単な登録

 

ものの30秒で終わります(スキップも可能)

STEP.4
トップ画面が移るのでボタンを押す

ビゴライブ配信の仕方

STEP.5
配信タイトルを入力して配信開始!

ビゴライブでライブ配信を始める

 

たった2分足らずで配信まで可能です!人によっては即日〜数日で投げ銭が貰えるので、ぜひ継続して配信してみてくださいね