ライブナウ

ライバー配信に必要な機材10選【完璧・失敗しない】

  • 「高価なものを揃えないとライバーってできないの?」
  • 「機材とかよくわからない!どれを買えばいいの!」
  • せっかくだから、ライバーに必要なものを揃えて配信したい!

この記事を読んでいるあなたは、

ライブ配信を始めるために機材を買いたいと考えているけど、

何を買ったらいいのだろう、値段もピンからキリまであって分からない!

と悩んでいるのではないでしょうか。

ライブ配信をする上で、必要な機材がないと配信中にトラブルが起きる可能性があります。

配信のクオリティが下がってしまい、ファンが定着しにくいことも。

どれだけ頑張ってもみんなから愛されるライバーにはなるのは難しいです。

しかし、機材を揃えることで、ライブ配信を始めるスタート地点に立つことができます。

結論からいえば、ライバーになるために高価な機材は買う必要はありません。

本記事では、

  • ライブ配信をする上での必須アイテム4つ
  • ライバーとして更に上のレベルを目指したいあなたにおすすめの機材3つ
  • ライブ配信であったほうが良いもの3つ

を詳しく紹介します。

この記事を最後まで読むことでどの機材を用意すればよいかが分かり、ライブ配信での準備は完璧になります。

また、満足なライブ配信環境を手に入れられ、沢山の人に支持されるライバーに1歩近づけます!

是非参考にして下さい。

この記事の結論!
  • 機材選びに迷ったら買うべき機材はたった4つ
  • 機材を揃えると、視聴者との距離が近づく

1.【約5,000円で揃えられる】ライバーが絶対に必要な機材4選

  1. スマートフォン等配信用端末【Iphone/android】
  2. 三脚【端末が安定して視聴者が見やすい!】
  3. wifi【通信環境がファンの量を左右する!?】
  4. 配信スペース【ライブ配信を習慣化しよう】

ライブ配信をする上で用意しておきたい機材はたった4つ。

スマートフォンを除くと、トータル5,000円ほどで購入が可能です。

絶対に必要な機材として紹介しているものは、無いとライブ配信はできないと言っても過言ではありません。

今すぐチェックして家電屋さんや、通販等で購入を検討してみてください。

1-1.スマートフォン等配信用端末【IPhone/android】

最初に必要なモノはなんといっても配信端末。

とりあえず端末さえあればいつでもどこでもライブ配信ができます!

端末としては、普段使いのもので問題はないですが、フリーズしたり、重くなってしまう機器の使用は避けましょう。

ライブ配信の途中でフリーズしたり、落ちてしまうなどといったトラブルの原因を引き起こす可能性があります。

特に、ライブ配信アプリの中では有名なポコチャやイチナナライブは、アプリが重たいため、

  • ポコチャ iOS13以降もしくはiPhone8以降のスマートフォン端末
  • イチナナライブ  iOS 12.0 以上もしくはAndroid 8.0 以上

とスペックがかなり高い配信端末を求められています。

あくまでも推奨ではありますが、ストレスフリーなライブ配信を行うためにも、あなたの端末がスペックを満たしているか今一度確認してください。

ライブ配信前には機材の動作確認を必ず行って、快適な環境下で視聴者さんと楽しくお話しましょう。

1-2.スタンド【画面が安定して視聴者が見やすい!】

スタンドは端末を立てかけておけるため、必須機材です。

スタンドがなければ、ライブ配信で当たり前の2時間配信はむずかしいでしょう。

また、手を自由に動かせないと、身振り手振りが減りライブの良さが半減するなど、配信の質も下がってしまいます。

端末を立てかけて配信するとしても、画面が揺れる可能性があるため、視聴者が不快な気持ちになることも。

よってライブ配信においてカメラを固定すること、そのためにスタンドを使用するのは絶対条件です。

スタンドがなければ、他のライバーとは戦えません。

「ライブ配信で使うスタンドはどれがいい?」

「沢山あってどれがいいか分からない!」

というあなたにおすすめする配信スタンドは、「三脚」です。

三脚といっても、集合写真を撮るときに出てくる大きなモノではなく、卓上タイプになります。

三脚は足3つで機材を支えるので安定感が抜群です。

今回紹介するものはAMAZONで売れ筋一位のもので、2,000円弱で購入が可能。

XXZU 自撮り棒 ミニ三脚 セルカ棒

スタンドを買うだけで、沢山の視聴者に安定した配信を届けられます。

紹介した三脚の他にもピンからキリまで、様々な商品があります。

ぜひチェックして購入を検討して下さい。

1-3.wifi【通信環境がファンの量を左右する!?】

インターネット接続が良いWi-Fiを契約していますか?

WiFiはマストなものであり、無いのであれば絶対に配信ができません。

通信環境が悪いと、自分の配信はうまく行かず、視聴者さんの画面は止まってしまいます。

どれだけ頑張ってもファンなんてつかないため、安定したネット環境が必要な事がわかります。

では、ライバーになったらどれくらいのギガを使用するのでしょうか。

計算してみましょう。

例えば、イチナナで1日2時間配信すれば、1配信で1ギガ消費します。

他にもライバーさんの配信を見たり、SNSを使用したりすると、1ヶ月使い続けると60ギガなんて優に超えちゃいます。

また、ライバーになると、より沢山の方に見てほしい、ファンを増やしたいという思いも強くなります。

よって毎日配信や、連続5時間配信など、ライブ配信に多くの時間をかけるライバーさんも少なくないです。

以上から、ひと月60ギガ以上使用してしまうのは、かなり現実的な数値であることがわかりますね。

wifiの料金を毎月払うのは大変じゃない?と契約を渋っている方、

ライバーを続けていくことで、月3,000~4,000円は余裕で稼げるのはご存知ですか?

wifiの料金はすぐに回収できるほどの初期投資なのが分かっていただけると思います。

wimaxというwifiは月額4,000円弱で契約が可能です。

https://www.uqwimax.jp/wimax/

安定したwifiをお持ちでない方は、いますぐ購入を検討してください。

1-4.配信スペース【ライブ配信を習慣化しよう】

毎日場所を変えてライブ配信するのはおすすめしません。

配信する場所を1か所に決めてやってみてください。

なぜならライブ配信は毎日何時間かやり続けることで、初めて成果が出るからです。

つまり、歯を磨くのと同じように、ライブ配信も自分自身の習慣にしないといけません。

場所を固定せず行うと、スイッチが入らず

「今日は疲れたからやめようかな」「部屋が汚いからやりたくない」

などと言い訳をしてしまうため、毎日ライブ配信をやり続けられないでしょう。

カメラと照明の場所、つまり配信スペースさえ決めれば、座った瞬間に配信をはじめられ、継続できますよね。

今から場所を固定して、ライブ配信を毎日のルーティーンに組み込みましょう。

2.ライブ配信の質を上げる3つの機材

  1. オーディオインターフェース【BGMを掛けて視聴者との距離が縮まる】
  2. コンデンサーマイク【良い音質が届く】
  3. 照明ライト【写りを上げてファンを獲得】

さらにライブの配信を良くするために、もっと良い機材を探したい人、いらっしゃるのではないでしょうか?

紹介する3つの機材を用いることで、配信がグッとレベルアップし、視聴者も自分も満足する配信ができるようになりますよ。

すべて家電屋さんや、通販サイト、フリマサイトなどで購入可能なので、ぜひ検討して下さい。

2-1.オーディオインターフェース【BGMを掛けて視聴者との距離を縮める】

オーディオインターフェースとはマイクとスマートフォンをつないで音を出す機材です。

オーディオインターフェースを使用すると、マイクやギターといった楽器類の音も、スマホ等の機材に流す事ができます。

よって配信中も音ズレを防げる他、エコーなど音に効果をつけることも可能になります。

類似の機材である「ミキサー」というものもあるのですが、こちらは沢山の楽器を使用してライブ配信したい人におすすめ。

ライブ配信で歌を歌いたい人、BGMなどの音質にこだわりたい人は、オーディオインターフェイスの購入の検討をしてみてください。

視聴者のリクエスト曲も、良い音質で流すことができます。

ライブ配信のレベルが1段と上がり、より近い距離で視聴者と配信ができることまちがいなし!

おすすめのオーディオインターフェースはこちらです。

ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 3チャンネル AG03

この機材は使っているライバーさんも多く、有名なライバーさんも愛用中だとか。

もっとお手軽な値段のインターフェースがほしい方は、通販サイトやフリマサイト等もぜひチェックしてみて下さい。

2-2.マイク【満足度の高い配信を届ける】

「ライブ配信にマイクはいらないかな」

「買った時に付いてきたイヤホンマイクでいいか」

と考えている人、多いのではないでしょうか。

実は、人気ライバーになればなるほど、マイクにこだわりを持っている人が多いんです。

逆に素人ほどマイクにこだわりをもっていません。

なぜなら、スマフォだけだと音質クオリティが低くて、自分の魅力が伝わらないためです。

ライバー配信 音質
引用:https://www.shimamura.co.jp/shop/nagoya/pa-rec/20210708/12278

またマイクは、小さな音でも拾うので、スマホに直接喋りかけるよりも、繊細な音を届けることが可能です。

よって音質面からも、視聴者さんが満足度の高い配信を届けることができ、ファンを獲得できるチャンスが生まれます。

レベルの高い配信を行いたい人、また歌配信をしたい方はぜひ持っておきたい機材の1つですね。

マイクといっても、1000円台から30,000円超えのものまでと価格帯は様々ですが、高いマイクほど、音の良さ等性能は高いと言えます。

ライブ配信初心者の方は、手が出せる価格帯のマイクから購入すると良いでしょう。

特に音質にこだわろうと考えている場合は、コンデンサーマイクがおすすめです。

amzon売れ筋1位のマイクはSHUREになります。参考にしてみてください。


SHURE コンデンサーマイク スタジオ ボーカル用 付属ケーブルなし PGA27-LC

SHURE コンデンサーマイク スタジオ ボーカル用 付属ケーブルなし PGA27-LC

楽曲や歌配信など、さらに音質にこだわりたい方は…

ShimamuraMusicさんの【歌ってみた】自宅で歌・ボーカルを録音するならコレ!必要な物やおすすめ機材ラインナップや機材を一挙紹介! をご覧ください。

音質にそこまでこだわりがないなら、ワイヤレスイヤホンを使う作戦もありかもしれません。

おすすめワイヤレスイヤホン
AVIOT アビオット 日本のオーディオメーカー TE-D01d Bluetooth イヤホン 高音質 グラフェンドライバー搭載 完全ワイヤレス QCC3026チップ

ワイヤレスイヤホンであれば、スマフォに近づかないと声が届かないなんてことはなくなるので、移動しながらも配信出来ますね。

2-3.ライト【写りを上げてファンを獲得】

ライトを使用してよりたくさんの視聴者さんに、ライブ配信を見てもらいましょう。

光を当てることで、肌が明るくなり動画写りも一段と良くなります。

また、部屋が明るかったり、顔が明るいと無意識的に印象が明るくなる効果も。

ライトを導入するだけで、より沢山の視聴者を獲得できるチャンスが生まれますね。

ライバーさんが良く購入するライトは、丸い形をしている「リングライト」と呼ばれるもの。

リングライトは、目の中に丸が入っているように見えることから、顔映りがとても良くなるんです。

アマゾンの売れ筋1位のリングライトは2,000円弱で購入可能。

リングライト 8インチ LEDリングライト

リングライト 8インチ LEDリングライト

お手頃価格で購入できるのでぜひ検討して下さい。

3.ライブ配信にあったら良いもの2選

  1. ペンとホワイトボードのセット
  2. 背景

あったほうが良いものとしては、「ペンとホワイトボード」「背景」の3つです。

3つとも配信中にあるだけで、視聴者さんとの距離がぐっと縮まります。

3-1.ペンとホワイトボードのセット

ホワイトボードやマーカーは、視聴者さんとコミュニケーションがとれる使えるツールです。

使用例としては、

  • クイズの問題や答えを書く
  • いつも遊びに来てくれる視聴者さんの名前を書く
  • 初めてライブを見に来てくださった人に自己紹介する

などといったことが挙げられます。

画面越しでなかなかコミュニケーションが取りづらいのが、ライブ配信アプリの欠点です。

しかし、ホワイトボードを多用することでより近い距離でお話できますね。

ペンもホワイトボードも、100均で購入でき、簡単に手に入れられるので、配信前に手に入れておきましょう。

他にも使える小道具はたくさんあります。

実際に配信したり、他のライバーさんの配信にお邪魔して、「あるといいな」と思えるものをぜひ探してみてください。

3-2.背景

背景に飾りをしたり、メッセージを書くことで「自分は〇〇な人間です」と大々的に伝えられます。

また個性的な背景は、視聴者さんに覚えてもらえ、自分を認識してもらえるツールとして役立ちます。

何をしようか迷う人は好きな絵を貼ったり、自分の関心分野などを持ってきたりと、背景を使って自分を表現しましょう。

視聴者との共通の話題ができることもあり、沢山のファンと繋がれるチャンスが生まれます。

4.機材を揃えるのはライバーへの第1歩

今回は、ライブ配信に必要な機材として、10つを詳しく紹介しました。

  1. スマホ等の配信端末
  2. スタンド
  3. wifi
  4. 配信スペース
  5. オーディオインターフェイス
  6. マイク
  7. ライト
  8. ペンとホワイトボード
  9. 背景

機材は、自分のだせる金額と相談をして購入することをおすすめします。

機材のグレードアップは、ライブ配信で収入が増えてから考えても遅くはありません。

しかし、どの機材も、最高のライブ配信を手伝ってくれる機材に違いありません。

モノや機材を使用すると、さらに視聴者との距離が近くなったり、モチベーションが上がったりと良いこと尽くめです。

簡単に揃えられるものが多く、おすすめの機材も紹介しているので、是非参考にして購入を検討してみて下さい。