ライブナウ

【怪しい】CTimeアプリなら楽に稼げる?話題のSNSで暗躍するコンサルタント

CTimeってなに?

CTimeは怪しい?危ない?

毎月プレゼントがもらえるって本当?

CTimeで稼ぐことができるって本当?

この記事を開いたあなたは、

最近流行っているCTimeというSNSアプリで、金券やプレゼントが本当にもらえるのか疑問に思っていませんか。

勧誘されたりすることがあることをチラッと調べたりしたのではないでしょうか。

「それでも、実際に稼げるのなら・・・」

「注意して使えば問題ないんじゃ・・・」

こんなことを考え、悩みつつもアプリのダウンロードの一歩手前までしているのかもしれませんね。

確かに、副業としてお金を稼いだり、お小遣い稼ぎがしたい人にはCTimeが魅力的なのかもしれません。

しかし、CTimeを使うことで、根本的にお金を稼げるようになったり、

お小遣い稼ぎができるようになっても、そんなに意味はありません。

「自分の力で稼ぐようになりたい」

「もっと自分の力を試したい」

「今の状況から抜け出してキャリアアップをしたい」

本当にそう思っているのなら、目先の利益で動くのはやめませんか。

「稼ぐ力を身につけたい、もっと成長したい」などの目的ならば、

CTimeではなく別の手段があるのではないでしょうか。

この記事ではCTimeを実際に使った筆者が、アプリ内の空気感や、

他のユーザーのリアルな声を紹介していきます。

最後まで読むことでCTimeを使うとどうなってしまうのか分かり、

別の稼げる方法を知ってあなたの時間や労力が無駄にならないお手伝いができれば嬉しいです。

1.CTimeでは運営側に評価されるとプレゼントや金券がもらえる

  1. CTimeは2018年にできた新しいSNSでアットホームな空気感がある
  2. 認定CTimerになると毎月CTimeからプレゼントと金券がもらえる
  3. CTimeの運営会社は設立5年目!株式会社WCOはベンチャー企業

CTimeは「誰一人取り残さないサービス」をコンセプトとして開発された国産SNSです。

Twitterや一昔前に流行ったmixiが合わさったような印象。

タイムラインが存在し、そこで気の合うユーザー同士の情報交換や発信をすることができます。

アットホームなユーザーが多く、気軽に投稿をしたり、

返信をすることができる穏やかな空気感が覚えました。

筆者も実際に使ってみて、

ここまでは普通のSNSとなんら変わらないと思っていたのですが、驚くべき事実が・・・。

なんと運営からアカウントが認められ「認定CTimer」になると、

金券やプレゼントを運営会社から毎月もらえるのです。

あなたも認定CTimerになれば、

CTime内でインスタグラマーなどのインフルエンサーにでもなったかのような気分を味わえるかもしれません。

さっそく基本情報を確認していきましょう。

1-1.CTimeは2018年にできた新しいSNSでアットホームな空気感がある

CTimeの歴史自体はそんなに長くありません。

2018年3月にリリースをされたので、2020年5月の段階だと2周年といったところでしょうか。

CTimeのタイムラインはかなりアットホームで、

Twitterでいう相互フォロー状態ではなくても、コメントやいいねがつきます。

筆者も試しに全体タイムラインに、

「初めまして!よろしくお願いします!」と投稿をしてみたところ、

不特定多数の人から挨拶をしてもらえました。

さすが、CTimeのコンセプトが「誰一人取り残さないサービス」でだけあるなという印象。

友達がいなくても気軽に始められ、いろんな人からすぐにリアクションをもらえるのは魅力的ですよね。

家にいる時やかまってほしい寂しさを埋めたい時に、もってこいであること間違いなし。

1-2.認定CTimerになると毎月CTimeからプレゼントと金券がもらえる

できるならお小遣い稼ぎをSNSでしてみたい・・・

もっと人に注目されて認められたい・・・

インフルエンサーになりたい・・・

自分自身の発信を通してお金を稼いでみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、今からインスタグラマーやTwitterで稼ごうとするのはなかなか時間がかかりますよね。

ライバルも多そうですし、なかなかハードルが高そうです。

でもCTimeを使えば発信で稼ぐことも大変ではないかもしれません。

CTime上でのアカウントは、運営側から認められると「認定CTimer」になれます。

そして、認定CTimerになることができると、運営会社から毎月プレゼントや金券が送られてくるのです!

認定CTimerはまるで、インスタグラマーやTwitterで活躍する有名人のようですね!

自分の投稿が不特定多数の人に注目され、しかもプレゼントをもらうことができる・・・。

ちなみに、認定CTimerになるためにはとにかく自分のアカウントをライク(Twitterでいうところのフォロー)されることがキーポイント。

とにかくライクをされるために、ガンガン投稿をして、自分からもライクをしていくのが良さそうですね。

1-3.CTimeの運営会社は設立5年目!株式会社WCOはベンチャー企業

毎月プレゼント送ることができる会社すごい

運営している会社はどんな会社なんだろう?

CTimeができて2周年。

たった2年で多くの人を認定CTimerにし、毎月その人にあったプレゼントや金券を送るのは簡単なことではありません。

認定CTimerの数だけ経費がかかりますし、配送手配も大変であること間違いなし。

ユーザーを増やし、着実に成長をしているCTimeを運営している会社は一体どんな会社なのでしょうか。

CTimeの運営会社は株式会社WCOです。

会社の設立は2016年7月11日で、代表取締役は山中 陽太氏。

2020年の7月で会社としては5周年を迎える若いベンチャー企業であることがわかりますね。

CTimeを運営している会社が気になる人はこちら

<社名>
株式会社WCO

<所在地>
〒160-0023
東京都新宿区西新宿フォレストアネックス301,302
電話番号 03-6276-0887

<代表者>
代表取締役 山中 陽太

<設立>
2016年7月11日

<資本金>
9,900,000(2020年1月末現在)

<事業内容>
アプリケーション事業
インターネット広告事業
キャラクター事業
投資育成事業

2.【口コミ・評判】CTimeは怪しい?使っていると詐欺にあう?

  1. CTime内部で高額コンサルの勧誘が流行っている
  2. 【リアル】実際に勧誘されたり、被害にあったユーザーの声を紹介

スキマ時間にお金を稼ぎたい

お小遣い稼ぎをしたい

インフルエンサーになりたい

本来の「人と繋がり交流をしたい」だけではなく、

他にもいろんな目的でCTime使っている人がいるのは間違いありません。

このCTimeの一番の特徴は、CTime内部でインフルエンサーになることができる点です。

もしも運営側から認定されたら、

毎月プレゼントや金券をもらうことができ、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

また、アットホームな空気感のSNSのため、

アンチや批判をしてくる人も少なく、活動もしやすいことも考えられます。

そんなインフルエンサーになりやすいCTimeですが、なんと内部で怪しいビジネスの勧誘が横行をしているようです。

実際に、勧誘を受けて、被害にあった人たちが集まり、

運営会社側を訴える動きもあるようです。

【集団訴訟に向けて】CTime(シータイム)高額コンサルについて

しっかりと先を読んで、被害に遭わないようにしましょう。

ここから先を読む前に意識して欲しいこと

暗い噂が多いですが、感情的にならず、あくまで事実と証拠を持って、しっかりと考えましょう。

SNSを作った運営側が悪いのか?

SNSを使っているユーザーの質が低いのか?

情弱なユーザー、騙される人が悪いのか?

騙している人が悪いのか?

CTimeの課題はいったいどこにあるのでしょうか。

今一度、アプリを使う側がどういうスタンスを取るべきなのか?そのリテラシーが問われています。

2-1.CTime内部で高額コンサルの勧誘が流行っている

CTime内で運営側から認められると認定CTimerになり(=アプリ内インフルエンサー)として、毎月プレゼントがもらえます。

Twitterやインスタグラムよりもなりやすいので、確かにいろんな人が目指しそうです。

かなり夢があるCTimeですが、

調べていくうちに様々な黒い噂があることがわかってきました。

なんと、CTime内部で高額なコンサルビジネスが流行っているようなのです。

理由の1つとして、認定CTimerになればCTime内部で有名人として認知されます。

そのステータスを使って、投稿やプロフィールに自分の商材やビジネスの動線を貼る。

そして、自身のブログに誘導をしたり、DMを送ったりして営業。

「お金の稼ぎ方を無料で教えますよ」

「ブログでアクセス数を伸ばす方法は〜」

「認定CTimerになるためには・・・」

などなど、様々なコンサル系の商材ビジネスが流行っているようです。

調べれば調べるほどCTime内部で、あくどいお金稼ぎの匂いがプンプンしてきました。

CTimeってもともとこういう風に使うアプリだったのでしょうか・・・。

アットホームな雰囲気のアプリだったので、裏の顔を見てしまった気分です・・・。

Twitterでの怪しい勧誘事例の調べ方

CTimeコンサル
CTime 詐欺
CTime 怪しい
CTime 騙された

などの文言でTwitter内部で検索をするとたくさん出てきます。

2-2.【リアル】実際に勧誘されたり、被害にあったユーザーの声を紹介

どうやらCTime内で、初心者ブロガーやCTime初心者に対しての怪しい商材詐欺が横行しているようです。

火のないところに煙は立ちません。

実際に勧誘されたユーザーの体験談を読んで、自分が被害者にならないようにしましょう。

すぐに稼げるような甘い話は存在しません。

ブログでもビジネスでもなんでもそうですが、結果は日々の積み重ねでしかありません。

楽して稼ごうとすると、必ず痛い目にあいます。

そういった人間の甘い心理につけ込んでくるのが、詐欺や高額コンサルの特徴なのですから・・・。

3.【闇が深すぎる】高額なコンサルビジネスの実態を紹介

初心者ブロガーを食い物にしているらしい・・・。

高額で、さらに結果も出ない・・・。

真実がどうあれ、被害にあった人、こうした事実があったことを完全に否定することはできなさそうです。

実際に高額コンサルを体験した人のリアルな声も上がってきています。

集団での訴訟の動きもあるようです・・・。

また、具体的にどのようなコンサル内容だったのか気になりますよね。

騙される前に確認をして、自分の身は自分で守れるようになりましょう。

2019年春頃、Twitterを中心にCTimeというマッチングアプリSNSの話題が上がるようになってきました。
お金の稼げるSNSということを売りにしていました。
アプリへの先行登録者は、今話題の「インフルエンサー」になれると謳い会員数を伸ばしていきました。

しかし、実際に登録をしてみると、「ブログなどネットで稼ぐ方法を知りたくありませんか? インフルエンサーになってお金儲けをしたくありませんか?」といった内容の誘いのDMがCTime登録者に送られるようになっていきます。

そのようなDMを送っている運営側は人を選んでいるようで、特にターゲットにされやすいのは、Twitterなどのフォロワーが少ない「初心者ブロガー」でした。

コンサル料金として約50万円ほどの金額を支払えば、ブログで稼げるようになるコンサルを受けることが出来るようになる。

そして、販売代理店として「CTime高額コンサル」を販売する権利が与えられるという名目の元、高額コンサルの勧誘が始まりました。
手口としては、まずCTimeのSNS内で高額コンサルを受講する方を集め、その方々にTwitterのDMなどで、フォロワー数の少ない初心者ブロガーをターゲットにDMで高額コンサルへの勧誘を行えと命令。

インフルエンサービジネスに興味がありませんか?とDMを送る→反応した方に特別なコンサルをします、言う→スカイプに誘導→リアルで会わせる→断れない状況に持っていって約50万円程の高額コンサルを購入させる無料でブログコンサルしますとツイッター上で募集→自分のTwitterアカウントをフォローさせる→特別なコンサルをします、と言う→スカイプに誘導→リアルで会わせる→約50万円程の高額コンサルを購入させるといった方法での高額コンサルの勧誘活動をこれを勝ている2019年12月現在まで行われていす。

【集団訴訟に向けて】CTime(シータイム)高額コンサルについて

現在、集団訴訟の準備が進んでいるとのこと。

実際に被害にあった人たちが声をあげています。

<TwitterでのDM勧誘文言>
・ブログで稼ぎませんか?
・ブロガーさんがたくさんいるグループに入りませんか?
・もっとすごい師匠を紹介しますよ!
・実際PV数はどれぐらいなんですか?
・〇〇さんが本気なら紹介しますよ。
・一度電話しませんか。

<コンサル分野>
・ブログ
・SNS運用
・広告運用
・Youtube運用

<費用>
・約50万円

<結論>
・高い割に結果が出ないのでネット上でざわついている。
・また、初心者ブロガーを食い物にしている情弱ビジネスモデル説。

4.【稼ぎ方】CTimeで稼ぐためにはバッジをもらい認定CTimerになること

CTimeでお小遣い稼ぎがしたい

どうやったら認定CTimerになれるのか知りたい

Twitterやインスタで、インフルエンサーになりお金を稼ぐのはなかなか大変ですよね。

  • たくさんライバルがいたり・・・
  • すぐに結果が出なかったり・・・
  • 知らない人からバッシングを受けてしまったり・・・

様々な心理的なハードルや能力的なハードルがあるのは間違いありません。

こんな悩みを解決してくれるのがCTime内部で「認定CTimer」になること。

認定CTimerになれば毎月プレゼントや金券を運営会社からもらえるようになります。

(CTime内部のインフルエンサーとして活動をすることでもらえる、報酬みたいな位置づけでしょうか。)

ちなみに認定CTimerになるためには運営側からバッジをもらわないといけません。

バッジには、

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • ティファニーブルー

と、4色存在します。

これらのバッジの色でもらえる金券やプレゼントが異なってくるようです。

もちろんグレードも違います。

認定CTimerになれば、お小遣い程度の稼ぎをすることができるのは間違いなさそうです。

※一度バッジを付与されても、それに適切だと思われなかった場合は剥奪されることがあります。

  1. ポップ数、コメント数、シェア数、インプレッションをある一定の水準まで、継続をしてアクションすること。
  2. 違反報告を他のユーザーにされないようにすること。
  3. CTimeには投稿に対してランキングが存在する。このランキングでHOTの枠に入ったり上位表示されるようにする。
  4. 投稿内容はアットホームな内容。
  5. SDGsに積極的に取り組んでいることをPRしていく。

5.認定CTimerではなくライバーやインスタで稼ぐ方法を紹介【稼ぎやすさ順】

  1. ライバーになり投げ銭をもらいつつファンを獲得した方が稼げる
  2. インスタグラマーになって企業案件をもらった方が単価も高くおすすめ
  3. コツコツTwitterでフォロワーを増やし仕事の案件と信頼を獲得する
  4. 機材なしでもユーチューバーになれる!スマホ1つで好きなことを配信して稼ぐ

ぶっちゃけた話、認定CTimerになっても、バッジを剥奪されたり、また再付与されたりします。

なんなら、

「運営側の目を気にして投稿をしなくてはいけない」

というのは、あまりにも息苦しくないですか?

運営側の基準で、

自分が楽しいと思ったことを忖度して、考えて投稿しなくてはいけないのは、

考えものではありませんか?

ましてや、高額コンサルの怪しい噂もあります・・・。

本当にあなたが今やるべきことは認定CTimerになることなのでしょうか。

CTimeでしか通用のしないノウハウやナレッジを持ったところで、本当の意味で稼げるようになるのでしょうか。

美談投稿ばかりして、仮面を被って、稼ぎたいだけのためにSNSをやるのはもうやめませんか。

  • 「じゃあどうすればいいんだよ!」
  • 「お金を稼ぐ方法がわからないからCTimeをやるしかないんだよ!」
  • 「すぐに稼げるのならCTimeが一番だろ!」

こんな声が聞こえてきそうですね・・・。

それでは、そんな悩めるあなたに、認定CTimerになるよりも、おもしろくて、楽しくて、長期的に稼げる方法を紹介していきます。

5-1.ライバーになり投げ銭をもらいつつファンを獲得した方が稼げる

最近では、誰もがライブ配信ができる時代になっています。

ライブ配信はアプリを1つダウンロードすれば、すぐに始めることができます。

マネタイズの方法も「視聴者からの投げ銭」といたってシンプル。

ファンが増えれば増えるほど、たくさんの投げ銭をもらえますね。

個性的なあなたの価値観やトークを好きになってくれるのが、ライブ配信の特徴。

自分らしくいることが価値になるんです。

ちなみに、Twitterやインスタグラムで自分がライブ配信をしていることを宣伝してみてもいいですよね。

各SNSを媒体として、運用とシェアをしつつファンを増やすことだってできます。

CTimeのユーザー数よりも多いファンをつけることができたら、たくさん稼げる未来も見えてくるのではないでしょうか。

【読まなきゃ損】ライブ配信を初めてみたい人におすすめ記事3選

5-2.インスタグラマーになって企業案件をもらった方が単価も高くおすすめ

若者がこぞって使っているインスタグラム。

可愛い人、美人な人がたくさん自分の写真を撮影し、投稿をしているのがインスタグラムのイメージとして強いのではないでしょうか。

ではインスタグラムでどうやって稼ぐのか。

シンプルにお伝えすると、自分が写っている写真がそのままお金に直結するのがインスタグラマーです。

  • 「でも具体的にどう稼げるのかよくわからない」
  • 「企業案件ってどうやってもらうの?」

と、収益化について悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ライバルがたくさんおり、なかなかフォロワーが伸びなかったり、

案件がもらえなかったりするのはかなり不安ですよね。

やはりどうやって差別化をして、フォロワーを増やし、企業案件をもらってくるのかが最大の焦点です。

ちなみに、企業から案件をもらうためには1,000フォロワーはいないと話をしてくれなさそうです。

インスタグラマーといえど、企業に対しての営業やDMなどの努力は避けられませんね。

  1. 企業から案件をもらってのPR写真投稿
  2. 商品を持って撮影しリンク掲載のアフィリエイター型
  3. 自分で撮影した写真を売る
  4. 着用している服やアクセサリーのブランド会社から報酬を受け取る
自分で価格設定ができるからこそ

インスタグラマーとして稼ぐためには、かなりの数のフォロワー数が必要です。

また、一回の投稿でいくらもらえるのか?
どういう報酬体系なのか?

などのお金の話は、企業との直接交渉になるので、自分で価格設定や価値相場を研究しなくてはいけません。

全然フォロワーがいなかったりすると、報酬が安くなりますし、その分交渉相手から安く買われてしまうことだってあります。

写真が上手いだけではなく、ビジネス的な交渉術も必要不可欠であることは間違いありませんね。

5-3.コツコツTwitterでフォロワーを増やし仕事の案件と信頼を獲得する

Twitterでコツコツとフォロワーを増やすことで、社会的な信用を得ることができるようになっています。

発言に影響力を持たせることができたり、

コアな自分だけのファンを作ることができるので、様々なビジネスチャンスが舞い込んでくる可能性がグッとあがります。

フォロワー数が多ければ多いほど、そのアカウントの1ツイートの価値があがっていきます。

そうした1ツイートで、ぜひあなたのブログを紹介したり、Youtubeチャンネルを紹介してみてはいかがでしょうか。

数千、数万フォロワーまでいけば、一瞬でいろんな人にリーチすることができる心強い宣伝ツールになってくれますよ。

ただ、かなりライバルが多いので差別化や投稿を継続的にしていくことが必須です。

毎日コツコツと自分の活動報告からはじめていきましょう。

あなたの発信する情報に価値があれば、すぐにフォロワーが集まりますよ。

5-4.機材なしでもユーチューバーになれる!スマホ1つで好きなことを配信して稼ぐ

小学生がなりたい職業ランキング1位「ユーチューバー」

この記事を読んでいるあなたも、実は一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、

  • 「どうやってなるのかわからない」
  • 「実際、全然すぐに稼げなさそう」
  • 「動画の編集とかよくわからない」
  • 「機材とかにお金がかかりそう」

こんな不安でユーチューバーになるのを諦めてしまったのではありませんか。

確かにライブ配信やインスタグラマーよりも、ユーチューバーになるのは大変そうなイメージがあります。

正直、稼げるようになるまでの難易度は高いです。

企画づくりや、動画編集、機材の使い方、SNSアカウントの運用・・・。

考えることや必要なスキルがたくさんありそうです。

しかし、チャンネル登録の数が大きくなれば、一攫千金も夢ではありません。

認定CTimerで月に金券やプレゼントといった小さな報酬をもらうよりも、長期で大金を稼げるようになった方が良いと思いませんか。

ユーチューバーをはじめたいと思った人に必ず読んで欲しい3つの記事

6.まとめ〜今すぐ稼ぐか、長期で稼ぐか?詐欺に加担したり騙されないように〜

CTimeで騒がれている怪しい高額コンサルの内容やCTimeの実態を紹介してきました。

結論をお伝えすると、認定CTimerになってお小遣い稼ぎを続けてもあなたの未来は大きく変わりません。

なぜなら、

  1. CTimeはクローズドの環境で、ユーザー数が少ない=クライアントが少ない。
  2. 認定CTimerになったところで、バッジをいつでも剥奪されるリスクがある。
  3. 運営会社の顔色を常に考えないといけないので美談投稿ばかりになりがち。
  4. システムの都合上、本質的な自分らしさで稼げない
  5. 井の中の蛙になり、世の中では通用しないナレッジばかりがたまる

目先のお金が欲しかったり、

短期的な利益を求めてCTimeをやるのなら確かに、お小遣い程度にはなりそうです。

ただ、あなたがもし、

「有名になりたい」

「スキルや成長をしつつチャレンジがしたい」

「怪しいコンサルなんかに騙されたくない」

「大きなお金を稼ぎたい」

と思っており、

人生を変えたいと思っているのなら、他の手段が良いでしょう。

逆に、

「そんなことどうでもいいからとにかくお金が欲しい」

と思っていたり、

「アットホームな空気感が好き」と思っているのならCTimeを使うのも良いかもしれません。

高額コンサルなどをしてくる人たちの他にも、CTimeには良心的なユーザーが集まる傾向にあるようですし。

(まあどれだけ、認定CTimerになりたくて他人に優しくしているのかはさておき・・・)

結論、目の前のことばかり考えるのではなく、長期で勝てる、長期で自分に力がつくことを考えましょう。

あなたはCTimeがなくなった未来でも、ちゃんと生きていけますか?

ちゃんと自分の力で稼げますか?