ライブナウ

ライバーとは

ライバーとは

ライバーとは?ユーチューバーとの3つの決定的な違いを解説【ライブ配信】

ライバーって何?

ライバーってなにするの?

この記事にたどり着いたあなたは、

そのように考えているのではないでしょうか。

スマホ1つで配信者と話している感覚が味わえると今話題のライブ配信。

それを生業としているのが「ライバー」と呼ばれる人たちです。

現代では「Youtuber」が職業の一つとして受け入れられていますが、

これからは「ライバー」も職業になるのでは、と言われています。

この記事では、そんな「ライバー」について

以下のことについて詳しく解説していきます。

  1. ライバーとは
  2. ライバーになる3つのメリット
  3. ライバーの仕事とYouTuberの仕事の違い
  4. あなたはライバー向き?YouTuber向き?
稼げるライブ配信 最高に稼げるライブ配信アプリはどれだ?ランキングTOP7を厳選

1.ライバーとは「アプリを通じて生配信をする人」

「ライバー」とはネットを通じて

ライブ配信を行っている人たちのことを指します。

ライバーにはそのプラットフォームごとにさまざまな呼び方が存在します。

しかしすべての配信者のことをまとめて「ライバー」といいます。

少し前までは技術的な問題からスマホ1つでライブ配信を行うというのは

容易ではありませんでした。

しかしスマホを始めとするデバイスの進化や通信技術の発展により、

誰でもどこでもスマホ1つでライバーとなれる時代になりました。

またライブコンテンツはこれからますます注目されると予想されます。

さらにYoutuberのようにライバーがテレビに出演したり、

芸能人としてデビューしたりなど、活躍の場も広がると考えられます。

以下のサービスでは配信者のことライバーとよんでいます。

  • MixChannel
  • LINE LIVE
  • LiveMe
  • 17 Live(イチナナ)
  • Pococha

2.ライバーになる3つのメリット

ライバーがライブ配信サービスにおける配信者のことであるというのは

わかっていただけたかと思います。

ここからは、ライバーになることで

具体的にどのようなメリットがあるのかについて

詳しく解説していきます。

ライバーになるメリットは以下の3つです。

  1. お金が稼げる
  2. 生身の人間に触れなくても良い
  3. マルチメディアでデビューできる
  4. 有名人になってチヤホヤしてもらえるようになる

ライバーになるメリット 1.お金が稼げる

大手ライブ配信サービスのイチナナでは

ライバーが視聴者から受け取ることのできるポイントを

1ポイント=1円で換金することができます。

さらに視聴者から送られたポイントの15%を受け取ることが可能です。

ある程度の有名ライバーになると1時間の配信で50000ポイント、

値段にして5万円以上獲得できると言われています。

イチナナ主催のライバーイベントでは150人の人気ライバーが東京目黒にある雅叙園に集結し

ギフトの数を競う大会が行われました。

そしてなんと優勝者のライバーには優勝賞金250万円が送られました。

ライバーになるメリット 2.生身の人間に触れなくても良い

女性が大きく稼ぐためには、パパ活や、風俗で働く選択肢しかありませんでした。

となると、どうしても性病等の接触することでのリスクが考えられました。

ですが、ライバーは人と直接接することがないため、トラブルに巻き込まれるリスクが少なく、在宅で活動可能です。

家から出ずに、人と直接接することなく、面倒ごとに巻き込まれずに大きく稼げるのはライバーだからこそ実現できるメリットです。

ライバーになるメリット 3.色々なメディアにデビューできる

イチナナと並ぶ大手ライブ配信サービスライブミーでは主催するオーディションに合格すると

ライブミーが提携する大手芸能プロダクションに所属することができます。

さらにそこからCDのメジャーデビューや舞台出演なども可能になります。

また視聴者から多くプレゼントを獲得できるライバーには

テレビやポスター広告にへの出演が決まることもあります。

ライバーになるメリット 3.有名人になってチヤホヤしてもらえるようになる

ライバーになり有名人になれば不特定多数の人から存在を認知されることになります。

そうなれば通行人たちから声をかけてもらえたり、チヤホヤしてもらえるようになります。

またファンができればプレゼントをもらうこともあるかもしれません。

動画でも解説しているよ!

 

 

【ライバーになりたい方必見!】ライバーになるメリット3選!!

3.ライバーの仕事とYouTuberの仕事の3つの違い

ライバーになればスマホ1つを使って配信するだけで

お金を稼いだり有名人になったりするチャンスが手に入ります。

ここではそんなライバーの仕事について

同じ配信業であるYouTuberの仕事とどのように違うのか

詳しく解説していきます。

ライバーとYouTuberの仕事内容の違いは以下の3つです。

  1. 編集の有無
  2. コミュニケーションスタイル
  3. 収入源

3-1.編集の有無

YouTuberは自分が撮影した動画を編集しネット上に流すことができます。

そのため自分の都合の悪い部分はカットすることも可能です。

しかしライブ配信は完全に全てが生放送で編集が不可能なため

都合の悪いこともそのまま流れてしまいます。

またYouTuberは動画を編集できるため

面白い部分のみを視聴者に届けられます。

しかしライバーは面白い部分のみ抜いてくるということができません。

そのためライバーは配信中、常に視聴者を楽しませる必要があります。

3-2.コミュニケーションスタイル

YouTuberの仕事は自分が一方的に動画を配信し続けることです。

そのためコミュニケーションは常に一方的なものになります。

しかしライバーの仕事はリアルタイムで視聴者と

双方向のコミュニケーションを取ることです。

そのためコミュニケーションが苦手な人は

ライバーとしてやっていくのは厳しいかもしれません。

3-3.収入源

YouTuberの主な収入源は、動画の広告収入です。

そのため重要なのは再生回数を稼ぐことになります。

しかしライバーの主な収入源は投げ銭です。

そのため視聴者や視聴回数が少なかったとしても、

熱狂的なファンや応援してくれる人たちを作ることができれば、

少ない人数の人たちから多額の投げ銭をもらうことも可能です。

動画でも解説しているよ!

 

 

YouTuberとライバーの違いが丸わかり!!あなたはどっち向き?

4.あなたはYoutuber向き?ライバー向き?

ここまでライバーとその仕事内容について解説しましたが、

ここではこの記事を読んでいるあなたがライバー向きか、

それともYouTuberのような配信業が向いているのかについて

わかりやすく説明します。

4-1.ライバー向きの人

ライバーに向いている人は、以下のような特徴に当てはまる人です。

  • 一つのことを集中してできる人
  • スキマ時間が多い人
  • コミュニケーションが得意な人

ライバーになるためには常に視聴者とコミュニケーションを取り合う必要があります。

そのため、継続したコミュニケーションが得意である必要があります。

また間をもたせる必要があるため、できるできないではなく

一つのことに必死に取り組める人が望ましいと言えます。

4-2.YouTuber向きの人

YouTuber向きの人は以下の特徴に当てはまる人です。

  • マルチタスクが得意な人
  • 専門性がある人
  • 動画編集が得意な人

YouTuberは特定の分野に特化したチャンネルを開設し、

その分野の動画を極める必要があります。

そのため専門性がある人や、その分野を極めたい人、

また動画編集が得意な人が望ましいです。

コミュニケーションが一方的なため、人と関わるのが得意でない人でも

気軽になれるのが良い点です。

5.まとめ|コミュ力の高い行動派はライバーがオススメ!

ライバーはコミュニケーション能力が必要とされる上に、

できるだけたくさん配信し続ける必要があります。

そのためコミュニケーション能力が高くて、

いつでもどこでもすぐに配信できるフットワークの軽さが必要です。

そのような能力がある人達は、椅子に座ってじっくりと編集するYouTuberよりも、

サクッと手軽に配信できるライバーのほうが向いていると言えます。

よく読まれている記事

稼げるライブ配信 最高に稼げるライブ配信アプリはどれだ?ランキングTOP7を厳選