ライブナウ

働きたくない!仕事する気力ない!人生を楽にする対処法9つ【稼げる?働かずに】

働きたくないんだけどどうしたらいいの?

働かずに生きていく方法って何があるの?

この記事を開いているあなたはそのように思っているのではないでしょうか。

働きたくないという考えは多くの人が一度は思ったことがある考えです。

そのためそう考えるのは決しておかしなことではありません。

すが実際に働かなくては生きていけないという事実もあります。

そのためこの記事では働きたくないと思ったときにはどうすれば解決できるのか、

また実際に働かずに生きていく方法はあるのかといったことについて詳しく解説します。

この記事を読むことで働きたくないと考えているあなたが今すべきことが

はっきりと分かるため、問題が必ず解決できます。

働きたくない人によくある9つの理由・悩み

働きたくないと考えている人は多くの場合共通した悩みを感じています。

しかしながらどのような悩みが働きたくないことの原因なのかを理解していない場合がほとんどです。

そのためここではあなたが働きたくないと考える理由は何なのかを

具体的に解説していきます。

働きたくないと考えている人の多くが共通して持っている悩みは以下の9コです。

  1. 仕事にやりがいを感じられない

  2. 出勤したくない

  3. 仕事が得意じゃない

  4. ミスが怖い

  5. お金が欲しいと思わない

  6. 人間関係が得意じゃない

  7. 給料やボーナスが低い

  8. 他にやりたいことがある

  9. 体力がない

1-1.仕事にやりがいを感じられない

働きたくない原因によくあるものが、仕事にやりがいを感じられないというものです。

仕事にやりがいを感じられなければなんのために仕事をしているのかわからなくなります。

そして「意味のないこと」をしていることがモチベーションの低下につながっていると考えられます。

また仕事にやりがいを感じられなければ、

仕事中もやる気のない態度を取ってしまったり、ミスが増えたりしてしまうため、

余計に働きたくなくなります。

1-2.出勤したくない

働きたくないと考えている人は大勢いますが、その内の多くは実際には

働きたくないのではなく、出勤したくないと考えている人も多いです。

なぜなら出勤の際は長距離を歩いたり、満員電車に乗ったり、

夏ならば暑い中汗だくになり歩かなくてはなりません。

そのため出勤したくない、外出したくないという考えは、

働きたくないと考えている人に多い考えの一つです。

1-3.仕事が得意じゃない

働きたくないと考える人に多いのが、自分の仕事が得意じゃないということです。

ひとそれぞれ向き不向きがありますが、不得意な分野を仕事にしてしまうと、

モチベーションを維持するのは難しくなります。

また得意でないことをこなすのは非常にストレスがかかりますし、

自分が周りに比べて仕事ができないという劣等感だけでなく、

不得意なことをしなくてはいけないというストレスも

働きたくないと考えるに至る大きな要因となりえます。

1-4.ミスが怖い

働きたくない理由はさまざまですが、

その中にはミスが怖いという不安や恐怖心が潜んでいることがあります。

ミスをすれば周りに迷惑をかけてしまいますし、

人によってはこっぴどく怒られる場合もあります。

そのようなミスが原因で起こることに恐怖心を覚えているため、

結果として働きたくないという考え方に至っている場合があります。

1-5.お金が欲しいと思わない

働くことはお金を得ることと同義と言っても過言ではありません。

しかし働く理由がお金を得るためただそれだけであると考えている場合には、

お金が欲しくないという理由で働きたくないと考えている場合があります。

なぜなら働くことは体力も精神力も必要なことであるため、

働く理由であるお金稼ぎをする必要がないのなら、

それは働く理由が無いという事になります。

そのため両親から経済的支援を受けていたり、

自分の貯金が十分にあるためお金を稼ぐ必要がないと考えている場合には、

働きたくないという考え方になることがあります。

1-6.人間関係が得意じゃない

働きたくないというのは経済的な事や自分の仕事に関することが原因になっているとは限りません。

職場の人間関係が良くなかったり、そもそも人間関係が不得意である場合にも

働きたくないという風に考えている可能性があります。

例えば職場の上司が高圧的であったり、同僚の性格が悪かったり、

逆にあなたがコミュニケーションが苦手でうまく職場の人達と

コミュニケーションが取れていなかったりした場合には、

働きたくないと考えるのも無理はありません。

1-7.給料やボーナスが低い

給料やボーナスが低いというのも働きたくないと考える理由になりえます。

なぜなら働く理由の多くは「お金を稼ぐため」です。

そのため自らの労働に対価が見合っていなければ、

その唯一の理由であるお金稼ぎが出来ないのであれば、

働く理由はありませんし、時間の無駄です。

そのため給料やボーナスが低いために、今の職場に不満を持っており、

その結果働きたくないと考える人は少なくありません。

1-8.他にやりたいことがある

働きたくない人に多いのは仕事にやりがいを感じないからとか、

お金がもらえないからとか、仕事場の人間関係が不得意だから、

といったような仕事が原因の理由です。

しかしながら一部の人は、今の職場に不満は特にないけど

満足できていないから働きたくないと考える場合もあります。

その中でも一番多いのが、「他にやりたいことがある」というものです。

特に職場に対する不満はなかったとしても、他にやりたいことがあるのなら

今の職場でやりたいことが出来ない事自体がストレスになりますし、

満足することは出来ません。

そのため仕事場などの環境が充実していたとしても、

やりたいことが他にあるという場合に、

働きたくないと考える人が非常に多いです。

1-9.体力がない

働きたくないと考える理由の一つには、

そもそも体力がないため労働することが肉体的にきつい、

というものがあります。

体力というのはひとそれぞれですし、簡単に鍛えられるものでもありません。

そのため体力がないために仕事の疲れがあまりにひどく、

結果として日常生活がまともに送れないような状態になってしまったり、

またそれが原因で働きたくないと考える場合もあります。

2.働きたくない場合の対処法9選!

働きたくないと考える人の多くが抱える悩みについては前の章で説明しました。

そのためここではその原因に沿った対処法を詳しく解説していきます。

この章を読むことであなたの働きたくない理由は

どのようにして解消するべきなのか理解することが可能です。

働きたくない場合の解決法は以下の9コです。

  1. 働かない

  2. 転職する

  3. 本当にしたいことが何かを考える

  4. 気分転換になることをしてリフレッシュする

  5. 自分の得意分野を考える

  6. 問題が何かを考える

  7. コミュニケーション力を上げる

  8. 人に相談する

  9. 引きこもりやニート、ホームレスのドキュメンタリーを見る

2-1.働かない

最も良いのが働かないという選択肢です。

働きたくないという感情を満たすことが出来ますし、

どうして働きたくないのか、どうすれば満足できるのか、

ということを考えるだけの時間を確保することも出来ます。

例えば今の仕事を思い切ってやめてしまったり、

長期休暇を取ってみたりするのもよいでしょう。

そうすることで一旦自分を見つめ直したり、

働かずに精神的に解放されることも可能です。

そのため働きたくないと考えているのなら、

そもそも働くのを辞めるというのが最も簡単で良い選択肢です。

2-2.転職する

働きたくないと考えている人の中には、

今の職場に不満を抱えていて、その不満こそが

働きたくない原因になっている場合があります。

そのような場合には転職するという選択肢がおすすめです。

なぜなら転職することで環境を変えられますし、

給料が今より良い職場に就けることもあります。

また職業自体を変えたり、人間関係をリセットすることも出来るので、

今現在の職場が原因による「働きたくない」を解決するためには、

非常に良い手段であると言えます。

2-3.本当にしたいことが何かを考える

働きたくない原因の中でも、やりがいが感じられなかったり、

やる気が出ない、仕事が楽しくないというものがあります。

そのような「仕事の意味がわからない」ことによる「働きたくない」は、

あなたが本当にしたいことが何かを考えることで解決可能です。

なぜならあなたが本当にしたいことが何かを考えることで、

あなたが今やるべきことや、あなたがすべきことがよくわかります。

またそれにより今の仕事を続けるべきかどうかということもはっきりします。

そのため仕事の意味がわからずモチベーションが下がっているのなら、

あなたが本当にやりたいことは何なのかを、一度考えてみると良いでしょう。

2-4.気分転換になることをしてリフレッシュする

働きたくないと考えているときにはその思考に取り憑かれ、

ネガティブ思考のループを繰り返している場合があります。

そのようなループから抜け出すために、

気分転換になるようなことをしたり気分が高揚することをしたりして、

リフレッシュしてみると良いでしょう。

なぜなら気分が良くなることをすることで、

一時的ではありますがネガティブ思考から解放されますし、

そのような思考から解放されてしまえば客観的に問題を見つめ直すことも出来ます。

そのため好きな匂いのアロマを焚いたり、美味しいものを食べたり、好きな音楽を聞くなどして一時的に気分を上げてみると良いでしょう。

2-5.自分の得意分野を考える

働きたくないと考えている人の中には、

今の仕事が得意分野でないために働きたくないと考えている人がいます。

そのような場合には、自分の得意分野が何なのかを一度考えてみると良いでしょう。

なぜなら自分の得分野をはっきりさせることで、

どのような仕事につくべきなのかがわかりますし、

今の仕事を続けるべきなのかもはっきりします。

そのため仕事が得意でないことが原因で働きたくないと考えているのなら、

自分の得意分野が何なのかを明らかにすることが重要です。

2-6.問題が何かを考える

前述したように働きたくないと考えている人は、

働きたくないという考えに取り憑かれて冷静さを失っている場合があります。

そのため問題は何なのかどうすれば解決できるのかという客観的視点を失っていることがあります。

そのような問題を解決するためには、一旦冷静になり問題は何かということを徹底的に考える必要があります。

なぜなら問題がなにかがわかってしまえば、

それを解決することも可能だからです。

しかしながら働きたくないという感情にエネルギーを奪われて、

客観的視点を失ってしまえば何も解決できません。

つまり働きたくないと考えてしまうときこそ働きたくないという考えを手放して

冷静に一体なぜそのように考えるのか、何が問題なのかを考え直してみましょう。

2-7.コミュニケーション力を上げる

働きたくないと考えてしまう理由が職場の人間関係や、

あなたの人付き合いの不得意さであるのなら、

コミュニケーション能力を上げるようにしてみましょう。

なぜならコミュニケーションが得意になれば、

人との付き合い方や人を楽しませる会話もよく理解できるようになります。

また人から好かれるようにもなるため、人間関係が得意にもなります。

そのため働きたくない原因が人間関係や人付き合いである場合には、

コミュニケーションや話し方、傾聴術に関する本を読み、

コミュニケーション能力を改善するようにしましょう。

2-8.人に相談する

働きたくないと考えている人の多くは、

一人でその問題や悩みを抱えている傾向にあります。

また自分ではその問題を解決できないことも多いです。

そのため働きたくないと考えているだけで何も解決できていない場合には、

人に相談してみましょう。

例えば知人や親、友人など近しい人に相談するのも良いでしょう。

またソーシャルワーカーや地方自治体に設置されている相談室などに

相談してみるのも非常に良い手段であると言えます。

そのため働きたくないと考えているけどどうにも出来ないという場合は、

一旦誰かに相談してみるようにしましょう。

厚生労働省 電話相談窓口一覧https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_tel.html

2-9.引きこもりやニート、ホームレスのドキュメンタリーを見る

働きたくないと考えている人の中には、

「働かなくてもどうにかなるから」という考えの人がいます。

しかしながら働かなければどうにもなりませんし、

将来お金がない状態で孤独に生きていくことになってしまいます。

そのような事態を避けるためには成長し続けて働くことが必要です。

そのようなモチベーションを上げるためには、

働くのをやめた中年や老齢の人々に関するドキュメンタリーを見る良いでしょう。

たとえばホームレスや中年アルバイター、

引きこもりなどのドキュメンタリーがおすすめです。

このようなドキュメンタリーは残酷なまでに現実を理解させてくれます。

そのため働かなくてもどうにかなるという楽観的思考のあなたに

現実を突きつけてくれるため、働く意欲を与えてくれるはずです。

3.働かずに生きていく5つの方法

働きたくないと考える人にはそれぞれの原因があり、

解決することは可能です。

しかしながらどうしても働きたくないのなら働かないという選択肢を取るしかありません。

そのためここでは働かずに生きていくにはどうしたらよいかを詳しく解説します。

働かずに生きることは無理であるかのように思えますが、実際には可能です。

以下の5つの方法で働かずに生きていくことが出来ます。

  1. 貯金を切り崩す
  2. 親などからの支援を受ける
  3. 生活保護を受ける
  4. 不労所得を得る
  5. お金を借りる

3-1.貯金を切り崩す

働かずに生きる最もメジャーな方法は貯金を切り崩すことです。

なぜなら貯金を切り崩すことは誰にも迷惑をかけませんし、

仮に貯金がなくなったとしてもそれは自己責任で済みます。

そのため貯金がある場合には貯金を切り崩すというのも

働かずに生きる良い手段です。

3-2.親などからの支援を受ける

もしも親から支援を受けられる場合は、

働かずに生きるために親から支援を受けるのも良いでしょう。

また実家に住んだり、親戚の家に住み着くというのも

働かずに生きるためには便利な手段です。

しかし周囲の人や親戚などからは煙たがれる可能性があるので気をつけましょう。

3-3.生活保護を受ける

働きたくない場合には生活保護を受けてみるのも良い手段です。

生活保護は何もせずともお金がもらえますし、

自分の好きなことをして暮らすことが出来ます。

しかし車の所持が出来なかったり、居住可能な物件が限られていたり、

それなりの制限がかかってくるため、決して楽をして生きていけるわけではありません。

生活保護に関しては以下を参考にして下さい。

厚生労働省 生活保護制度について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

3-4.不労所得を作る

働かずに生きていく方法の一つは不労所得を作るという方法です。

不労所得とは読んで字の如く働かずに得られる所得です。

しかしながら不労所得を得るためには多くの時間と労力が必要です。

そのため不労所得を得るためには働くよりも大変な事をする必要があります。

またネット上などでは簡単に不労所得が作れるという趣旨の情報が転がっていますが、

それらの多くはマルチ商法やネズミ講である場合が多いです。

そのため働きたくないと考えている人が不労所得を作ろうと考えるのは

決して得策とは言えません。

3-5.お金を借りる

働かずに生きる方法の一つはお金を借りることです。

なぜなら生きていくためにはお金が必要不可欠です。

しかしながら働かないというのであれば貯金を崩すしかありません。

ですが貯金も崩せない、貯金がないという場合には人からお金を借りると良いでしょう。

または消費者金融などからお金を借りるとよいでしょう。

ですが返済できなくなった場合自己破産しなくてはなりませんし、

借金があるというだけで社会的信用は失うことになります。

そのためできるだけ人からお金を借りるという選択肢は避けるようにしましょう。

4.就職しない3つの働き方

働きたくないと考える人の中には、働きたくないのではなく、

組織に属して働いたり、人と働くのが嫌だという人もいます。

そのような人は一人で働けるというのであれば働くことも可能です。

そのためここでは就職せずに働く方法についてわかりやすく解説します。

  • ライブ配信者(←オススメ)
  • 動画投稿者
  • フリーランス

4-1.ライブ配信者

ユーチューバーなどの台頭とともに注目されだしているのがライブ配信者です。

ライブ配信とはライブタイムで配信を行い、視聴者を楽しませて

その対価として投げ銭や寄付などを貰うことが出来る職業です。

ライブ配信は顔出しする必要もなければ、

なにか特別なことが出来る必要もありません。

また稼げる人では1時間で90万円以上も稼ぎ出します。

そのためライブ配信は近年稼げる仕事、就職しない生き方として

非常に注目されています。

稼げるライブ配信アプリを30個から厳選!ランキングTOP7【2019年最新】

【2020年】次にくる新しいSNS10選!【流行り・若者に人気】

4-2.動画投稿者

ユーチューバーの動画投稿車になるというのも就職をしない生き方としておすすめです。

なぜなら動画投稿者は稼げるようになれば給与もよく、

時間の余裕も出来るうえに、有名人になることで

影響力を持つことも可能です。

そのため単なる動画投稿者としてではなく、

最も様々な機会を持つことが出来る利益が非常に大きいです。

ユーチューバーのような動画投稿車になりたいと考えている人は

以下の記事を参考にして下さい

有名ユーチューバーになるには?バカでも結果が出る始め方・5つの条件【現役解説】

4-3.フリーランス

就職しない働き方の中で最近流行っているのはフリーランスという働き方です。

フリーランスとは個人事業主として他者から仕事を請け負ったり、

自分で立ち上げたビジネスで収入を得る生き方のことです。

そのため組織に所属する必要がなく、会社に出勤するのが嫌な人や、

働きたくないと考えている人が自分の家で落ち着いて働ける方法として

近年注目されています。

またフリーランスの中でもエンジニアやライター、講師など

職種は多岐にわたるので自分の適性にあった

職業でフリーランスにもなることが可能です。

5.まとめ|働きたくないのならライブ配信者になってみる

働きたくないと考えている人にはそれぞれの原因があります。

そのためそれぞれの悩みに合わせた解決策があり、

中には決して働くのを辞めるべきではないときもあります。

しかしながら最も手っ取り早いのは仕事をやめてしまうことです。

ですが働くのを辞めることで将来などに関する不安も出てくるかもしれません。

そのため仕事をやめて、ライブ配信者になってみるのも良い手です。

なぜならライブ配信者は有名になれば短時間で大金を稼げます。

さらには顔出しをせずとも誰でもスマホ1つで活動可能です。

そのためライブ配信者として活動しつつ、自分のやるべきことを明確にしておけば、

次にやるべきことが決まるまでの保険としてライブ配信という職業が確保できます。

ライブ配信者については以下の記事を参考にして下さい

稼げるライブ配信アプリを30個から厳選!ランキングTOP7【2019年最新】