ライブナウ

タレントなるには?5ステップと現実性【顔・年齢が厳しいと無理か】

タレントになりたい!
タレントになるにはどうしたらいいの?
タレントってどうやったらなれるの?

今この記事を開いているあなたは、タレントになりたいけど何をしたら良いか分からず迷っているのではないでしょうか。

タレントになるためにはオーディションや素人参加型の番組に応募したり、養成所に通ったりスカウトされることが必要です。

しかしそれらはあくまでタレントになるための入り口であり、

必ずしもタレントになれるとは限りません。

結局重要なのはタレントになれるだけの能力があることです。

つまりタレントになるためには方法を理解しておくだけでなく、

今あなたに足りていないことや、何をすべきかを理解する必要があります。

そのためこの記事ではあなたがタレントになるために知っておくべき事と、

タレントになりたいあなたが今やるべきことをわかりやすく解説します。

1.タレントとは「大手メディアに出演している人」

タレントとは日本でテレビやラジオなどのメディアに出演している人の総称です。

似たような意味の言葉にインフルエンサーという言葉がありますが、インフルエンサーはメディアではなくSNSやYouTubeのようなインターネットを中心に活動している有名人を指します。

そのため、ただ有名になりたかったり、インターネットで有名になりたいというのであれば、タレントではなくインフルエンサーになることをオススメします。

最近だと売れっ子タレントになるより、特定の領域で小さく有名になる方法が現実的に可能なので流行っているように思います。

インフルエンサーになるには?無名だった私が夢を実現した方法【なり方7か条】

2.タレントになりたい人がやるべき5つのステップ

タレントになるには以下の5つのステップに従う必要があります。

  1. タレントになる5つの方法を理解する
  2. 自分にあっている方法を決める
  3. 自分に必要なことを理解する
  4. 計画をたてる
  5. 実行する

2-1.タレントになる5つの方法を理解する

タレントになるためにはタレントの入り口を理解しておく必要があります。

タレントになる方法には大きく分けて5つあります。

タレントになる5つの方法

  1. 芸能事務所のオーディションを受ける
  2. 養成所や養成スクールへ通う
  3. 番組の企画に応募する
  4. スカウトされる
  5. 自分から売り込む

タレントになるためには必ずこの5つのどれかを通してタレントにならなくてはいけません。

そのためこれらの5つの方法は覚えておきましょう。

2-2.自分にあっている方法を決める

タレントになるための方法を理解したら、次はどの方法があなたにとって適切であるか判断しましょう。

いくらタレントになる方法を理解していても、あなたに適した方法で取り組まなければ最短でタレントになることは出来ません。

そのためタレントになる方法だけでなく、あなたに適した方法を理解しておきましょう。

またタレントになるために簡単な方法を選んだり、複数の方法を同時進行させるのも良い手です。

2-3.自分に必要なことを理解する

タレントになるために今のあなたに必要なことが何かを理解しましょう。

今のあなたに必要なものが何かを理解していないと、

具体的にどのような目標をなんのために達成すべきなのかわからなくなってしまいます。

例えば足りていないものが個性ならば、どうすれば個性を磨けるか考えて何かを始めることができます。

また自分の押し出したい個性を強めることが必要な場合には、あなたの個性を活かす方法を考える必要があります。

このように足りていない部分や今やるべきことを理解していなければタレントになることはできません

そのためタレントになるためには、今あなたがタレントになるために必要なことは何かを理解しておきましょう。

2-4.計画をたてる

今やるべきことが何かを理解できたら、次は具体的な計画を立てましょう。

計画を立てていなければ、やるべきことを忘れてしまったり、

今努力していることがなぜ必要なのかがわからなくなってしまいます。

逆に計画をたてて、目標などを常に確認していれば、

それだけで達成意識や達成確率は高まります。

2-5.実行する

計画を立てても実行できなくては意味がありません。

計画を立てるだけ立てて実際に実行できないというのはよくある話です。

そうなる原因はさまざまですが、

元来内向的な人などは、実行したり身体を動かしたりすることよりも、

気持ちがついて行けるかどうかを考えてしまう傾向にあります。

そのため自分の気持に目を向けすぎて、実行することが疎かになりがちです。

立てた計画を信じて、気持ちよりもまず身体を動かしてみましょう。

3.タレントになる5つの方法とその特徴!

3-1.芸能事務所のオーディションを受ける

タレントになるためには芸能事務所に入るのも良い方法です。

しかし芸能事務所へ所属するためには、オーディションを受ける必要があります。

芸能事務所のオーディションはさまざまな芸能事務所で行われています。

そのため入り口はかなり広めです。

しかしオーディションの入り口が広い分、数多のタレント志望が応募します。

そのためタレントになれるのは一握りです。

また大手芸能事務所などでは安全なオーディションが行われますが、

小さい事務所や、実績のない事務所のオーディションでは、

オーディション商法と呼ばれる悪徳商法が行われている場合があります。

そのためオーディションは実績のある、大手芸能事務所のものだけを受けるようにしましょう。

3-2.養成所や養成スクールへ通う

タレントの養成所や養成スクールへ通うのもタレントになる方法の一つです。

養成所などではあなたがタレントになるために足りていない部分を指摘してくれたり、

どうすればタレントとして才能を発揮できるのかを教えてくれます。

また難しいことを考えなくても、方向性は事務所側が示してくれます。

さらに養成所を卒業すればすぐにチャンスを作ってくれるため、

一般人の状態から始めるよりもかなり有利な状態で、タレント活動を始められます。

そのため養成所に通ってタレントを目指すのは、難しいことはわからないけどとにかくタレントになりたいと考えている人にとって楽な手段であると言えます。

3-3.番組の企画に応募する

タレントになるためには、素人が参加できるような番組の企画に応募するのも良い手です。

最近では素人参加型の番組が多く放送されています。

なぜなら素人参加型の場合は番組もお金がかかりませんし、

扱いを間違えて事務所から怒られるようなこともありません。

つまり素人は番組にとっては扱いやすい存在なのです。

そのため最近では素人を番組の企画に起用する事が増えてきており、

それらの番組に参加することでタレントとしてのスタートを切る事ができます。

3-4.自分を事務所に売り込む

オーディションや企画への応募などではなく、

直筆の手紙や履歴書などを事務所側に提出して、

自分を事務所に所属させてほしいと直談判するというのも方法の一つです。

しかしいきなり送りつけるのではなく、

初めは手紙やメールなどで事務所側と連絡を取り、

面談などの機会を設けてもらえるか連絡を取るようにしましょう。

この方法は自分をしっかり評価してもらうことができますが、

よほど実力がないと採用してもらうことはできません。

そのためオーディションや企画への応募よりも、

かなりハードルは高くなります。

3-5.スカウトされる(顔や芸がある)

タレントになるためにはこちらからアプローチするだけでなく、

芸能事務所などからスカウトしてもらうのも方法の一つです。

しかしながらあなたがタレントとしての魅力がなければスカウトされる事は不可能です。

一般的に素人がスカウトされる場合は以下のどれかに該当します。

  • 顔やスタイルなどが非常に良い
  • ネット上で話題になっている
  • インフルエンサーである

これらのどれかに該当している人でない場合は芸能事務所から十分な人材としてみなされず、

スカウトされる可能性はかなり低くなってしまいます。

そのためスカウトされるような人材は、

自分から事務所に売り込めば、いつでも事務所に所属できるだけの能力がある人間だけに限られると言えます。

4.タレントになりたい人が必要になる能力

4-1.突出した個性

タレントになるためには大勢の人たちと個性の勝負をすることになります。

そのため多くの人たちに埋もれてしまうような個性の無さでは、

タレントになることは不可能です。

つまり他の大勢と差別化を図り目立つことが出来るだけの個性が必要です。

タレントになりたいと思ったら、まずはあなたの個性が何かを考えましょう。

また個性とは必ずしも得意なこととは限りません。

あなたが苦手なことであってもそれを逆手に取ってタレントになることも可能です。

例えば極度の緊張しいであるという場合には「極度に緊張しい」であるという触れ込みで素人参加型番組へ出演することも出来ます。

単純に得意なことや出来ることばかり考えずどうすればあなたの特徴を個性として押し出せるか考えてみましょう。   

4-2.礼儀正しさ

芸能界は上下関係が非常に厳しいです。

また番組関係者や事務所関係者との関係を円滑に進める必要があります。

そのため芸能界で生きるタレントにとって、礼儀正しさは必要不可欠なものです。

そのため自分は礼儀正しいと思っていても、

相手からは礼儀正しさに欠けると思われている可能性もあります。

そのようなことにならないよう、普段から感謝の気持を伝えたり、

言葉遣いに気をつけるようにしましょう。

4-3.誠実さ

タレントにとって世間からのイメージは非常に重要です。

イメージが悪くなってしまえば、たちまち仕事は激減します。

しかしイメージが良ければ、それだけで仕事をもらうことが出来ます。

そしてイメージを良く保っておくためには、誠実さを示さなくてはいけません

誠実であるということは、世間の人や大多数人から「善良な人である」と思われることです。

そのため法律違反は勿論、炎上するようなことや批判されるようなことはしてはいけません。

逆にカメラが回っていないところでも誠実に接していれば、

あなたの誠実な一面を目撃した人がその情報を拡散してくれるかもしれません。

そのため普段から誠実に振る舞うようにしましょう。

5.中学生・高校生・大学生からタレントになるには?

学生がタレントになりたい場合オススメなのは学生限定のオーディションを受けることです。

例えば大手芸能事務所のエイベックスでは、

2018/12/28(金) ~ 2019/03/31(日)の期間を対象に、

小学生・中学生・高校生限定のオーディションを開催していました。

またワタナベエンターテインメントでは大学生限定のオーディションを行っています。

これらのオーディションのように、

中学生、高校生、大学生限定のオーディションに参加すると、

ライバルは同年代の人間だけなので、フェアな勝負ができます。

また大学生からタレントになるのは遅いかもしれないと考えている人が多いですが、

実際にはそんなことはなく、大学生限定のオーディションから

タレントデビューする人も珍しくありません。

6.後悔する前に!タレントになりたいと思ったときに考えること

6-1.あなたの選んだフィールドは正しい??

タレントになるためにはどのようなタレントになるか

その方向性を決めなくてはいけません。

そして方向性によってあなたが主とするフィールドは異なります。

しかしそのフィールドを間違えてはいけません。

なぜならあなたが自身を持っている分野でも、

その分野が既にあなた以上の実力者によって独占されていたら、

あなたが入るスキはありません。

そのためあなたがタレントとして活動しようとしている分野で

あなたが活躍できるかどうかをしっかりと考える必要があります。

6-2.タレントになれなかったときのことを考えよう

タレントになりたいと考えていると、ついついそこばかりに考えが行ってしまいます。

もしもタレントになることばかり考えてタレントになれなかった場合、

あなたはどうすればよいか路頭に迷うことになります。

タレントになれなかった時に混乱して迷わないように、

事前にタレントになれなかった場合の事も考えておきましょう。

7.まとめ|タレントになるために足りてない部分を磨こう

タレントになるためには5つの方法があります。

しかしどの方法であっても、タレントになるための十分な能力がなければ、

タレント志望という肩書で活動を終えることになります。

本当にタレントになりたいのなら、タレントになろうという気持ちよりも、

タレントになれるだけの能力を磨こうという意識が重要です。

またタレントになるためには顔や年齢が重要だと考える人も少なくありませんが、

実際には顔や年齢よりも個性が重視されるのがタレントです。

むしろ顔や年齢がウリのタレントは、自分よりも良いタレントが出てきたら

すぐに埋もれてしまうため、あまり良いと言えません。

そのためまずはタレントになる方法を決めておき、

その方法でタレントになるにはどのような能力を磨けばよいか、

その能力を磨くためには何をどうすればよいか考えてみましょう。