ニコ生の収入で生活費は稼げない?稼ぐ主に学ぶ5つの稼ぎ方の常識

ネットの動画配信サービスの大御所といえば、ニコニコ動画というサービスがあります。

その中でも、ニコニコ生放送、通称「ニコ生」で、動画配信をして稼いでみたいと思っているのではないでしょうか?

結論をいうと、2019年の今でもニコ生で稼ぐことはできます。トップのメンタリストDaiGoは単月収益で3,000万以上にも達しています。

では、どうすればニコ生で稼げるようになるのでしょう。

この記事は、ニコ生で稼ぎたいなら、知っておきたい収益化のポイントと、稼げないと言われる原因について紹介しています。

最後まで読めば、ニコ生で収入を獲得する方法がわかり、夢のようなライブ配信生活も実現できる可能性が高まります。

1.ニコ生放送で稼ぐなら知っておく!5つの収益化ポイント

ニコニコ生放送で稼ぐには、5つ方法でのお金、または換金可能なポイントを入手する方法があります。

すべてが個別になっているわけではなく、一部は併用して実践していくことで、より効率よくポイントを貯めることが可能です。

配信者が収益化できるポイントを得るには、「クリエイター推奨プログラム」という、ニコニコ動画で配信者に収益が得られるように作られたシステムを利用することになります。

「クリエイター推奨プログラム」とはなにか?

niconicoプレミアム有料会員費や動画・静画ページからの広告収入を原資として、niconicoの投稿作品に対して奨励金(クリエイター奨励スコア)を付与するために作られた制度。クリエイターの創作活動とコラボレーションの発展・推進を目的としている。
引用:ニコニ・コモンズhttps://commons.nicovideo.jp/cpp/about/

直接的な課金方式ではありません。

番組の人気度や動画の再生数、投げ銭の課金額などを元に配信者にスコアが付与されます。

確定された報酬が現金やニコニコポイントに換金できる、という稼ぎ方です。

収益をあげるポイントって具体的に何?

もっと具体的に収益を挙げるポイントがどこにあるか、解説します。

5つの収益ポイント

  1. 有料ニコニコチャンネルからの収入(有料チャンネルによる収益化)
  2. ニコニ広告、ギフトを貰う
  3. ニコ生関連イベントに出演し、出演料を貰う
  4. 自分のグッズやサービスを販売、企業と連携して宣伝費用など
  5. 作品や番組から、コンテンツツリーで稼ぐ

1-1.有料ニコニコチャンネルからの収入(有料チャンネルによる収益化)

自分の公式ニコニコチャンネルを有料で作る方法です。

もっともわかりやすく、オンラインサロンのように月額制で、定期的に課金してもらいます。

ある程度視聴者を、ファン化する・囲い込むことができるので、一番安定する稼ぎ方です。

チャンネル加入者限定の生放送配信などもできるので、限定性の高いコンテンツの配信もできますね。

有料チャンネルは『月額500〜1000円程度』が相場となっていますが、金額は自分で決めることができます。

月額費用を高額にしてしまうメリットはあまりありません。

多くのユーザーにチャンネル登録してもらい、さらにチャンネル内で配信する動画を見てもらうことで、以下で紹介するギフトを貰いながら、長くチャンネルに登録してもらわないとあまり収益につながらないからです。

1-2.ニコニ広告、ギフトを貰う

配信者に直接的に課金、投げ銭をする方法は、「ニコニ広告」「ギフト」の2種類があります。

1.ニコニ広告とは

もっと伸びてほしい生放送や動画に対して、視聴者が宣伝広告を貼れるという、ニコニコ動画に従来からあるシステム。ユーザーが広告主となって、配信者を支援・宣伝できるもの。

今まではニコニ広告の収入はすべて運営元に回収されていましたが、2018年から「クリエイター推奨プログラム」によって、ニコニ広告で支払われたポイントの一部が配信者に還元されるようになりました。

もう一つ、ニコニ広告よりもわかりやすく、気軽に配信者を応援できるのが「ギフト」です。

2.ギフトとは

いわゆる一般的な「投げ銭」機能です。 こちらも応援したい生放送、動画に対して「ギフト」を贈ることで、送ったポイントが「クリエイター推奨プログラムのスコア」として加算されていきます。

ニコニ広告やギフトで支払われた有料のポイントと投げ銭の数、動画の人気度や再生数によって、ニコニコポイントや現金に換金できる「スコア」という数字になって配信者に加算されていきます。

※注意点※

ニコニ広告もギフトも、無料で入手できるポイントや割引チケットを使って、無償で配信者を支援することができますが、換金できるスコアとして加算されるのは、有償課金のポイントで支援されたものだけになるので、たくさん広告やギフトをもらっても収益化にならないので、注意が必要です。

1-3.ニコ生関連イベントに出演し、出演料を貰う

ニコニコ動画には「ニコニコ超会議」や企業と連携したイベントなど、多くのイベントや生放送の企画があります。 自分のチャンネルで収益をあげることも楽しいですが、より知名度が上がってきたら公式や企業に関係する生放送・イベントをお手伝いして、報酬を貰うという方法もあります。

雑談配信者として有名な「百花繚乱」さんは、自身のチャンネルを運営しながらニコ生イベントやネット番組を中心に司会業を展開し、「ニコ生出身の司会業の人」として多くのユーザーから人気を集めています。

過去のインタビュー記事では、「年収1,000万円」を記録したことも明らかになっています。

参照
インタビュー記事:https://originalnews.nico/36319
チャンネル:https://ch.nicovideo.jp/ryouran-wlive

1-4.自分のグッズやサービスを販売する

配信者が自身のグッズやイベントのチケットを販売して、収益を得ることもできます。

人気の配信者「横山緑」さんも自身のチャンネルを運営しながら、イベントでTシャツやボールペン、パーカーなどのグッズ販売を行ったりもしています。

(全盛期は月額1,000円のチャンネル登録者数が300~500人いたので、30万円~40万円ほどあったそうです)

人気の配信者になれば、リアルイベントでグッズの販売もできるし、百花繚乱さんのように公式や企業の生放送にも呼ばれるようになるとのことで、物販の販売でも収入を得ることも不可能ではないようです。

ただし、ある程度の知名度を得てから出ないと難しいことが多いので、チャンネルにファンが付き始めてから検討してみてもいいでしょう

参照
公式HP:http://yokoyamamidori.jp/menu.html

1-5.関連作品で支援してもらう「コンテンツツリー」で「子ども手当」を貰って稼ぐ

ニコ生や動画投稿で収益化にプラス効果がある「コンテンツツリー」についても知っておきましょう。

コンテンツツリーとは?

一つの親になるコンテンツに対してリスペクトを持って作られた「子作品」となる作品・動画が投稿されることで、スコアが加算されるというシステムです。
「子作品」が人気に慣ればなるほど、「子ども手当」というボーナスが親作品にスコアとして加算されていきます。
親作品はニコ生放送も登録が可能です。

例えば、親作品として「VOCALOIDでオリジナル楽曲の動画を配信した」としたら、其の楽曲を「歌ってみた」「踊ってみた」「描いてみた」などの作品が子作品として、親作品にリンクが貼られていきます。

そのリンクが増える・再生数が伸びるほど、親作品が評価され、換金可能なスコアに加算されていきます。

ニコニコ生放送の場合、放送終了後に番組の動画を親作品として登録しておけば、その動画の再生数に応じてスコアが加算されていくので、ぜひ活用してみてください。

※注意点※
生放送の過去動画を視聴するには、条件があります。
プレミアム会員のユーザーであること
番組の終了から約7日23時間59分までに、タイムシフト事後予約という機能を使うこと。または事前にタイムシフト予約しておくこと。

2.ニコ生が稼げないと言われてしまう5つの原因

ニコ生で稼ぐための収益化の方法は、ふわっちやイチナナのような、簡単さ・気軽さを売りにする生放送アプリよりも、豊富な手段があります。

それなのに、「ニコ生か稼げないと言われる原因の一つは、この「クリエイター推奨プログラム」のシステムがわかりにくい、そして時間がかかるというところにあります。

ニコ生が稼げない原因はこれだ!

  1. プレミアム会員になる必要がある(月額540円)
  2. 最初の収益化には最低4ヶ月かかる、換金は10,000点以上から
  3. スコア加算がわかりにくい!予想スコアと確定する金額に差異がある
  4. ライバルが増えると収入が得にくくなる
  5. すでに有名人が多く新規参入は頑張る必要がある

2-1.プレミアム会員になる必要がある(月額540円)

クリエイター推奨プログラムに作品を登録、またはスコアを入手するにはニコニコ動画の有料会員「プレミアム会員」に加入する必要があります。

プレミアム会員は月額540円かかります。

多くの生放送配信アプリが、完全に無料で始められることに対して、収益化を狙うなら有料会員になる必要があります。

稼ぎたくてニコ生を始めるのに、先にサービスの利用料を払う必要があり、クリエイター推奨プログラムで現金化が可能になるのは、最低でも4ヶ月後なので約2160円はかかってしまいます。

2-2.収益化に4ヶ月かかる、換金は10000点以上から。

クリエイター推奨プログラムでは、換金可能なスコアが確定するまで、最低4ヶ月かかります。

これは投稿された動画やコンテンツの著作権を守るためや、いろいろな審査があるとの噂があり、もらったギフトやニコニ広告のポイントからスコアが加算されても、すぐに現金化はできません。

さらに、クリエイター推奨プログラムのスコアがわかりにくいポイントは、ユーザーが支払ったポイントと実際に加算されるスコアがイコールではないことにあります。

スコアの確定金額の際は、番組や配信者の人気度や動画再生数が影響すると言われていますが、詳しい評価方法・加算割合はでていません公表されていません。

2-3.スコア加算がわかりにくい!予想スコアと確定する金額に差異がある

「スコア」はギフトやニコニ広告の有料ポイント、再生数や子作品からの子ども手当で加算される、換金可能な数字のことです。

このスコアは確定されるまでは「予想スコア」という、仮の数字がでてくる仕様になっています。

この予想スコアが、実際に4ヶ月後に確定される際の誤差が大きく、換金できる額に達していると思いきや、実は大幅に減っていたなんてことがあります。

予想スコアから実際の換金額が予想しにくいという点が、せっかくスコアを稼いだのに、減ってしまった感覚になってしまうことで、一生懸命やっても稼げないという印象を与えてしまっているようです。

2-4.ライバルが増えると収入が得にくくなる

クリエイター推奨プログラムの報酬の財源となっているのは、実はプレミアム会員の月額費用が中心となっています。

つまり、このプログラムに参加する人数や作品の数が増えれば増えるほど、ライバルが自然と増えてしまうという傾向にあるのです。

これが、予想スコアから確定の金額と差が生まれる原因にもなっており、より人気がある配信者が優先されて報酬を得やすい傾向になっています。

2-5.すでに有名人が多く新規参入は頑張る必要がある

クリエイター推奨プログラムという仕組は最近できたものですが、ニコニコ動画というサービス自体は10年近く前からあります。

そのためどうしても古くから活動している方と、新しくニコ生を始めたばかりの方では、どうしても最初は知名度に差が出てしまいます。

もちろん、昔からいる人すべてがすでに大物配信者というわけではないので、やり方やジャンル次第ではすぐに人気配信者になれる可能性もありますが、最初はやりにくさを感じることが多いかもしれません。

古参に負けずに活動し続けることができるかも、ニコニコ動画の場合は意識する必要があるでしょう。

3.ニコ生の稼ぎ方まとめ。まずは月額有料チャンネルが効果的

インターネット業界では、一時代を築いたニコニコ動画。

新しい時代のユーザー確保を狙うために、収益化のシステムが登場しましたが、実際はこんなに複雑だと「ニコ生は稼げない」と言われても仕方がないかもしれませんね。

では最後に、ニコ生の稼ぎ方をまとめておきましょう。

  1. 自分の有料ニコニコチャンネルを持つのがオススメ!月額で安定性あり
  2. ユーザーに楽しんでもらえるニコ生を放送して、ギフトやニコニ広告を貰う
  3. 生放送した番組をクリエイター推奨プログラムに登録!再生数でスコアを稼ぐ
  4. 放送した番組や作ったコンテンツで、コンテンツツリーを作る
  5. 知名度があがってきたら、公式企画に出演したり、グッズの販売で稼ぐ

ニコ生で稼ぐ方法として一番のオススメは、「有料チャンネルを作って月額課金してもらう」です。

投げ銭よりも安定し、オンラインサロンブームも相まって、月額制のオンラインコミュニティに登録するハードルが低くなっているのもポイントです。

ニコ生は稼げないと言われていますが、実はそうでもないでしょう。中には月収で10万〜数十万稼ぐ人もいます。

雑談配信などよりも、なにかを作れたり、クリエイティブな活動ができる方と、ニコニコ動画は相性がいいかもしれません。

ぜひいろんな生放送アプリと比較して、一番稼げそうな動画配信で収益化を狙ってみてくださいね。