Youtube(ユーチューブ)スパチャ色

Youtube(ユーチューブ)スパチャ色

YouTubeのスーパーチャット(スパチャ)の設定方法・条件・受け取り方など全て徹底解説!

(視聴者&配信者)
スパチャってどんな機能なのか知りたい

(視聴者)
視聴者がスパチャを使う方法は?
(配信者)
スパチャで投げ銭を受け取りたいけど設定方法がわからない
配信者がスパチャは全員が使えるわけではないのは本当か
スパチャで稼ぐことはできるのか

「スパチャ」という言葉を検索した人は、気になっているのではないでしょうか。

スパチャ(スーパーチャット)とは、YouTubeのストリーミング配信(生放送)中に利用できる、投げ銭機能です。

配信者がスパチャを設定しておけば、配信中に視聴者から投げ銭を受け取れます。

この記事では、YouTubeの新しい収益化の手段である「スパチャ」の情報を配信者と視聴者の両方の立場から紹介しています。

1.スパチャの特徴は「投げ銭機能」

スパチャはスーパーチャットの略称で、YouTubeにおける投げ銭機能です。

より詳しく言うと、生放送中に投げ銭とコメントを両方できる機能になります。

2017年1月からサービスがスタートしましたが。 過去には「視聴者ファンディング」と呼ばれる同じような仕組みがありましたが、スパチャの導入と同時に終了したようです。

YouTubeといえば、広告収入が一般的な収益化の方法です。

ですが広告収入では、マイナーなジャンルやコアな情報を発信している配信者には、膨大な再生数を稼ぎにくく厳しい環境でした。

それがスパチャの導入により、視聴者が配信者を直接応援が可能になりました。

またスパチャを使って、配信者と視聴者がコミュニケーションを取れるような仕組みであることも大きな特徴と言えます。

2.視聴者向け:「スパチャ」で投げ銭を送る方法

まずは視聴者の方に向けた、スパチャで投げ銭をする方法を紹介します。
配信者のみなさんも、視聴者がどうやってスパチャを送っているのか知っておきましょう。

視聴者にとって、スパチャで配信者を応援することはもちろんですが、配信者とのコミュニケーションツールとしても活用されています。

注意
iOSのYouTubeアプリはスパチャが使えません(2019年8月時点)

スパチャが送れる環境は、PC版、Android版のYouTubeアプリです。

iOSのYouTubeアプリでは、スパチャを送ることがまだできないようです。スマホから利用する場合は、ブラウザでYouTubeを開く必要があります。

2-1.スパチャを送るため必要なもの(クレジットカード以外の方法もある)

【使用可能なもの】

  1. バンドルカード
  2. クレジットカード
  3. デビットカード
  4. ペイパル

※どれか1つあればOK

スパチャを送るためには、クレジットカードなどの準備が必要です。

3つのどれかを使うといいでしょう。クレジットカードが安定しています。

またVISAのバンドルカードは、クレジットカードを持っていない場合にはオススメです。(未成年でもコンビニでチャージ可能)

事前にクレジットカードの設定などは行いません。

初めての課金時に入力します。初回は手元に用意しておきましょう。

2-2.スパチャの送り方

スパチャを送りたいライブストリーミング配信中の画面を開きましょう。

動画右下のチャット欄にある「$」マークをクリックします。このマークがない場合は、配信者がスパチャの設定をしていないので、投げ銭をすることはできません。

「SUPER CHATを送信」をクリックし金額とメッセージを入力すると購入画面にうつります。

投げ銭したい金額を手入力、もしくはシークバーで設定しましょう。手入力の場合は細かい金額の指定が可能です。上限50,000円、下限は100円から。

金額に間違いがなければ、「購入して送信」をクリック。

このあと、クレジットカード情報などの支払い情報を入力します。
スパチャを送信するときに、最も注意することは返金ができないこと。

送金する金額の入力ミスには気をつけましょう。

2-3.スパチャで投げ銭を送る2つのメリット

1.配信者を直接応援できる

投げ銭の一番のメリットは、配信者を直接応援できるところです。

自分が支援したい配信者の活動資金にもなるので、応援したいYouTuberやチャンネルがあれば積極的に応援していきましょう。

2.配信者に存在をアピールできる

スパチャは支払い金額に応じて、送信できる文字数やコメント欄に固定表示される時間の長さが変わります。

つまりスパチャで高額な投げ銭をすると、自分の課金額とコメントが固定されて、配信者に存在をアピールすることができます。

100 ~ 199円:0文字:0秒(青)
200 ~ 499円:50文字:0秒(水色)
500 ~ 999円:150文字:2分(黄緑)
1,000 ~ 1,999円:200文字:5分(黄色)
2,000 ~ 4,999円:225文字:10分(オレンジ)
5,000 ~ 9,999円:250文字:30分(ピンク)
10,000 ~ 19,999円:270文字:1時間(赤)
20,000 ~ 29,999円:290文字:2時間(赤)
30,000 ~ 39,999円:310文字:3時間(赤)
40,000 ~ 49,999円:330文字:4時間(赤)
50,000円:350文字:5時間(赤)

憧れのYouTuber、配信者に覚えてもらうためにスパチャを活用しているユーザーも一定層いるようです。

ただしスパチャによる固定表示時間中に、配信が終了した場合は固定表示も打ち切りとなります。

次回の配信に持ち越す方法はありません。長時間の固定表示を狙う場合は、放送の終了時間にも気をつけましょう。

2-4.スパチャを送るときの4つの注意点

1.課金額とコメントは他の視聴者からも丸見え
2.配信者にスパチャや生放送が削除されることもある
3.送信したスパチャは、キャンセル・返金ができない
4.固定表示可能な時間が残っていても、放送終了でリセットされる

スパチャを送ると視聴者にもメリットはありますが、もちろんデメリットもあります。

1.課金額とコメントは他の視聴者からも丸見え

スパチャで固定表示されるコメントは、配信者だけではなく同じ配信を見ている視聴者にも丸見えです。名前や課金額が他のユーザーにも知られてしまうことになります。

コメントと課金額が非常にオープンなので、個人情報やモラル・マナーに気をつけましょう。

2.配信者にスパチャや生放送が削除されることもある

善意で送ったスパチャやコメントが、配信者によって削除される場合もあります。その場合も支援した金額は戻ってきません。

場合によっては放送自体が中止される、ということもあります。

3.送信したスパチャは、キャンセル・返金ができない

いかなる理由があっても、一度送金してしまったスパチャは返金ができません。

配信者に問い合わせをしても、配信者も対応できませんので注意が必要です。もちろんYouTubeの公式に問い合わせても、返金は不可です。

4.固定表示可能な時間が残っていても、放送終了でリセットされる

課金額によって、コメントや課金額が一定時間固定表示されますが、配信が終了すればすべてリセットされます。

固定可能な時間が残っていても次回の配信に引き継ぐことはできません。

3.スパチャを使うための条件について

視聴者のみなさんは、配信者がスパチャの設定をしていれば誰でも送ることができます。

ですがスパチャを配信側が利用するには、一定の条件をクリアする必要があります。

また応援したい配信者がスパチャを受け付けることができない原因は、条件をクリアできていない場合がほとんどです。

使えるようになっているのに設定していないということもあります。

3-1.スパチャは収益化しているチャンネルのみ利用可能

スパチャで投げ銭を受け取れるようにするには条件が4つあります。

  1. チャンネル登録者数が1000人以上
  2. 過去12か月の再生時間が4,000時間以上
  3. 18歳以上であること
  4. スパチャの報酬受取が可能な国、地域にすんでいること(日本国内は大丈夫)

この4つの条件を満たしたチャンネルから、自動的に審査がおこなわれます。

自分から審査の申請を出す必要はありません。

審査にかかる期間は定かではありませんが、およそ条件クリアから約1ヶ月はかかると言われています。

審査に通っていれば、クリエイターツールにスパチャを有効可できる項目が増えます。

デフォルトでは「オフ」になっているので、利用したい場合は「オン」にしておきましょう。

3-2.課金額の約5〜6.5割が配信者に還元される

スパチャで受け取った報酬は、約7割程度が配信者に還元されると言われています。

ただし実際には、基本の手数料で3割、金融機関等の手数料で1〜2割が引かれており、実際の受取り額は約5〜6.5割です。

一日一人あたりの最大課金額は「50000円」です。

あまり金額の大きい投げ銭は、規約上できないことも覚えておきましょう。下限は100円でハードルは低めです。

また視聴者は、一度送信した投げ銭は返金が全くできません。

配信者側にはあまり影響がないですが、返金に関する問い合わせが来ても対応ができないことは覚えておきましょう。

4.配信者向け:「スパチャ」で投げ銭を受け取る方法

次は実際にYouTubeでスパチャの投げ銭を受け取るまでの、設定方法を紹介します。

自分のチャンネルでスパチャが使えるようになっていたら、設定から有効化しておきましょう。

さらに実際に投げ銭をもらってから、自分の手元に振り込むにはどのような手順が必要か解説します。

YouTubeで発生した収益の受け取りには、Google AdSenseの設定も必要になります。

場合によっては時間がかかりますので、ぜひ最後まで読んで足りていない部分がないか確認してみてください。

4-1.アカウントの認証と有効化を行う

  • STEP.1
    画面に移動

    YouTubeの管理メニューから「動画の管理」→「チャンネル」→「ステータスと機能」の順番で移動

  • STEP.2
    アカウント確認

    SuperChat内の『アカウントを確認する』をクリック。設定をオンにする

  • STEP.3
    規約に同意

    SuperChatの登録という画面が出てくるので、規約に同意する」

  • STEP.4
    必要事項入力

    画面下に氏名、役職、メールアドレス、電話番号、会社名の必要事項を入力(会社名を入力する部分は個人の場合、会社名の部分はチャンネル名でもOKです。役職も主催者や代表で問題ありません。実際に自分が勤めている会社の情報を入力しなくても大丈夫です。法人の場合は、正しく入力しておきましょう。)

  • STEP.5
    完了すれば有効化に

    問題なくアカウント認証ができれば、スパチャの枠線が緑になり有効化されます。

もし有効化されていなければ、クリエイターツールの「チャンネル」→「ステータスと機能」からスパチャの部分を再確認して、枠内の指示に従って設定を進めてください。

4-2.スパチャは「ライブストリーミング配信」で利用できる

次はスパチャを使ってみましょう。

スパチャは「ライブストリーミング配信」、YouTubeにおける生放送配信時のみ利用することができます。

投げ銭を受け取れるのも、配信中のみです。

設定はとても簡単で、クリエイターツールから「ライブストリーミング」を選択し、生放送を始めるだけで完了です。

コメント欄の下部に「$」マークが増えているはずです。

●配信中にスパチャの受け取りを確認する方法

配信中にスパチャの受けとり状況を確認するには、配信画面の下に「収益受け取り」のタブをクリック。

投げ銭があれば、投げ銭をしたユーザーの名前と課金額が表示されます。

過去30日間のスパチャの受け取り状況は、「コミュニティ」→「SuperChat」から確認ができます。過去30日より以前のデータは「アナリティクス」から確認しましょう。

4-3.スパチャの報酬振り込みの3つの注意点(GoogleAdSense)

スパチャで受け取った報酬は、一定の金額に到達すれば自動で支払いが行われます。

YouTubeの広告収入もスパチャの収入も「Google AdSense(グーグルアドセンス)」経由で支払われます。そのため事前に、広告収入の受け取り設定を行っておきましょう。

1.報酬が貰えるのは8000円から

GoogleAdSenseの支払いが行われる基準額は日本円では「8000円」からとなっています。

収益レポートは、[アナリティクス] > [トランザクション収益レポート] で確認できます。Super Chat の収益の受け取り方法は、AdSense で広告収益を受け取る方法と同じです。 Apple のサービス手数料、消費税、その他の料金が理由で、実際の収益は異なる場合があります。
引用:https://support.google.com/youtube/answer/7288782?hl=ja

2.振り込みのスケジュールは15日頃確定の、翌月支払い

振り込みのスケジュールは、AdSenseを経由して考えます。
まず今月の10日〜14日の間にYouTubeで得た収益が確定します。
確定した金額はAdSenseアカウントの残高に移されます。金額の移動後、残高が8000円を超えていれば振り込みの手続きが行われ、翌月の22日以降に振り込まれるようになっています。

3.GoogleAdSenseの設定を正しく行う必要がある

  1. AdSenseとYouTubeのプライバシーポリシーを守っていること
  2. 住所の確認が必要。郵送でPINコードが送られてくる
  3. 財務情報の確認(入力しないで済む場合もある)
  4. 振込先の銀行口座が正しく登録されている
  5. 保留中の支払い情報がないこと

AdSenseの設定で注意したいのは、アカウントの住所を確認する「PINコード」の郵送です。

アメリカから国際郵便で届くので、場合によっては1ヶ月近くかかるという例があります。

AdSenseの設定はなるべく早めに行っておきましょう。

5.まとめ:スパチャは導入のハードルが高いが、競合が少ないのでチャンスがある

スパチャは導入までのハードルが高い分、日本国内では積極的に利用している方が少ないのが現状です。

海外の有名なゲーム配信者は、チャンネル登録数が1万人にも関わらず40万円以上の収入を得たという驚きの例もあります。

YouTubeは生配信アプリと異なり、ジャンルが絞られにくいので参入しやすいというメリットがあります。

市場が大きいのでライバルも多いですが、自分の配信スタイルやジャンルを貫くことがより重要と言えます。

スパチャ5つの要点
  1. スパチャを始めるにはチャンネル登録者数などの制限がある
  2. スパチャは配信者が設定して初めて投げ銭を受け取れる
  3. 報酬の受け取りはGoogleAdSense経由で支払われる
  4. 投げ銭をすると、配信者にアピールできる
  5. 送信した投げ銭は、返金ができない

ぜひYouTubeでご自身のチャンネルを持っているなら、ぜひスパチャを活用してみてくださいね。