ライブナウ

バズビデオとは

バズビデオとは

バズビデオは怪しい?実際に月に10万〜収益が出た稼ぎ方を無料公開

バズビデオは簡単に稼げると聞いて…

アホで無能な自分でも稼ぎたい!

月に10万〜稼げたら生活めちゃくちゃ助かるな…

あなたは、バズビデオで、稼げるかもしれない!と希望を抱いているのではないでしょうか。

結論から言うと、バズビデオは初心者でも稼げます(2019年秋現在)

実際にツイッターなどのSNSを見ていると、稼げている人をたくさん目にします。

彼らは本当に稼げているのでしょうか?実際のところ情報を販売するために偽造している人もいるでしょうけど、

稼いでいる人がいるのも事実でしょう(でなければ、バズビデオに動画が投稿されることなんてありえません)

この記事では、今からバズビデオに取り組みたい!と思っている人から、バズビデオの収益を伸ばしたい!と課題を感じている人に向けて、

基本的な情報から、危険性がないかどうか。

稼げない人がやってしまう行為と、稼げる人が密かに淡々とやっていること。

をお伝えしていきます。

もくじ

1.バズビデオは今話題の短い動画がまとめられたサイト

バズビデオアプリとは

BuzzVideo(バズビデオ)- ショート動画アプリ

BuzzVideo(バズビデオ)- ショート動画アプリ

TopBuzz無料

つい見たくなるような動画ってありませんか?

例えば、

宮川大輔が奇跡を起こしたwww

今後、どんでもない姿を披露するグラドル・・・

【マリオ実況】超簡単じゃん!と思った次の瞬間.・・・

などの動画です。バズビデオでは、このような、ついつい見たくなる短い動画が沢山アップされています。

そんなバズビデオ。日本国内では、なんと約4,000万ダウンロードもされています。

ちなみに、4,000万ダウンロードといえば、パワプロのゲームやAbemaTVと並ぶほどダウンロードされています。

1-1.バズビデオは危険?安全な運営会社のByteDance社

 

ByteDance社は、2018年日本で最もインストールされたアプリTik Tok(ティックトック)を運営している会社です。

中国最大規模のメディア企業です。中国っぽさがある点としては、映画「君の名は。」の映像を無断で使用した加工アプリを配信したり、

著作権を無視した違法コンテンツを沢山集めていたりなど。グレーながらも急成長してきました。

どこか分からない反社会的組織であったり、超絶ベンチャー企業では無いので、安全性は担保されているでしょう。

1-2.危険と言われる理由は情報の不正利用?

Androidユーザーに限っては、buzzvideoをインストールする時に求められる情報が多いです。

通話履歴、Wi-Fi接続情報、位置情報まで取得されてしまいます。

一方で、iPhoneアプリは個人情報を取得されることはありません。

両アプリ、ツイッター、グーグルアカウント、ラインアカウントがあれば会員登録できます。

アプリからツイッター連携の解除ができない点もやや不振ではあります。

ByteDance社のアプリではあるので、マーケティングデータの活用に使用すると考えられますが、

大手であっても情報流出するときは、流出します。

ですので、出来るだけ個人情報を出さないように、iPhoneユーザーで、グーグルアカウント(サブ垢)で登録するのが一番良さそうです。

2.バズビデオが稼げる3つの理由・仕組み

2-1.初心者でも稼げる(YouTubeとは比にならない)

YouTube (条件1)過去 12 ヶ月間の再生時間が 4000 時間以上 (条件2)チャンネル登録者 1000 人以上
BuzzVideo (条件1)初日から100円前後は可能 (条件2)5,000閲覧数、フォロワー数100人以上

Youtubeだと、基本的に全くゼロの初心から始めたとして、約半年〜1年はかかるはずです。

これでは、せっかく良い動画を頑張って投稿しても、すぐに収益化することはできません。

半年以上も、毎日のように顔出し動画やゲーム実況動画を編集して上げ続けるモチベーションが保てるでしょうか。

かなり難易度が高いかと思います。

一方で、バズビデオは収益化条件が緩く、再生回数あたりの収益額が高単価です。

再生回数5,000回もすぐ到達しますし、フォロワー100人は相互フォローを繰り返せば達成できます。

目視審査はありますので、アカウントを量産することはできません。

おかしなクリエイターやスパムを入れないために、やや対策しているといったところでしょう。

また、投稿する動画のジャンルの時期によっては0.4~0.5円の高単価を出すときも過去にはあったみたいです。(YouTubeは0.1~0.3円)

2-2.稼げるまでの仕組みが簡単!

バズビデオで実際に稼ぐまでのステップは4つ。

驚くほど単純明快です。

STEP.1
動画を見つける・作成する

バズりそうな動画を発見してくる、もしくは作成する

STEP.2
動画にタイトルをつける

バズりそうなタイトルを数十文字でつけます。

STEP.3
③ 動画が視聴されるの待つ

AIの自動判別でおすすめに出てくるように祈ります。ここで不適切な動画だと、おすすめに出てこないようになるので注意。

STEP.4
視聴されるとお金が入る

視聴回数に応じてお金が手に入ります。

2-3.短期で結果を出すことが可能

バズビデオでは、フォロワー数が少ないのに、タイムリーに数字が伸びる時があります。

例えば、フォロワー30人ほどでも、3,000~4,000回伸びる時があるんですよね。

トップバズ、バズビデオと言う名前からも想像できるように、

AI判別によってバズる仕組みが実装されており、誰でもバズるチャンスが平等にあります。

3.バズビデオの3つのデメリット

3-1.無断転載が多い

パクリあいが激しい場所です。

オリジナル動画じゃなくても(動画の作成者が投稿したものでなくても)拡散されていたりするので、コンテンツを奪われると腹がたつかもしれません。

昔に比べて厳しくなってきたとはいえ、Youtubeやニコニコで無断転載が無くならないように、バズビデオでも無断転載が存在します。

とはいえ、著作権センターに報告すれば、運営側が処理してくれますので安心です。

3-2.アンチがめちゃくちゃ多い

ユーザー層があまり良くないのか、アンチコメントがかなり多くなります。

Youtubeより酷いイメージで挑んでもらえればと思います。

投稿者としては「何を言われても良い」という鋼のメンタルが必要になってきます。

3-3.動画を投稿し続けないと再生回数が落ちる

Youtubeのように、ずっと再生回数が伸び続ける訳ではなく、バズビデオは1つの動画の寿命が短いです。

線香花火のように、最初は勢いが良いのですが、いつか終わりがきてしまいます。

4.実際稼げている人はどれくらいか?バズビデオの収益ケース

4-1.2017年開始の方:先行者利益でがっつり

2017年10月

1日4,000円から5,000円

月にして15万ほど

動画は100本投稿。数ヶ月は10万弱くらいの収益になった。

しかし、その後動画を約1000本ほど追加で投稿したが、1日に100円にもならない日も。

完全に初速だけ美味しい思いをしたとのこと。

4-2.ユーチューバーの方:2019年明けがピークでそのまま横ばい

2019年1月の収益額は15万円

2月の収益は5

それ以降はじわじわと下がった

最初にユーチューバーとしてYouTubeにアップしていた動画を200本を同期。

初速があったが、その後は稼げなくなった。

4-3.1日1時間の作業:凡人でも数万なら稼げた!

1か月目に数百円

2ヶ月目で6万円

コツを掴むことによって、2ヶ月目で凡人でも5~10万弱稼げるとのこと。

よく、数十万稼ぎました!その稼ぎ方を教えます!という人がいますが、そういう人を除いた具体事例なので、より現実味があります。

※稼ぎ方を教える系は、商品を買わせるために実績を偽る可能性ある

5.バズビデオの稼ぎ方

この章では、本来有料で販売されているnoteの内容などをかき集めた情報を無料であなたに提供します。

なぜ、無料かというと、大事なのはトライすることだからです。

稼げない人は、ノウハウさえあれば自分は稼ぐことができると勘違いしています。

お金を払っても稼げない人をたくさん見てきたので、このページでは全て公開して、少しでもあなたが稼げるようになればと思いで書きました。

5-1.バズビデオが求める動画を投下しよう

基本的には、「バズビデオが求めるクリエイター像」になることが重要です。

「バズビデオが求めるクリエイター像」とは、面白い動画を投下し続けてくれる人、となります。

あくまでユーザーからの反応が得られる面白い動画、で良いので、必ずしもオリジナルコンテンツを投下する人でなければならない、ということではありません。(とはいえ著作権違反はダメです)

もちろん、運営側はオリジナルコンテンツを重視するような働きかけをしていますが、実情はユーザーが求めるコンテンツがバズっている現状となります。

その裏側には、多くのユーザーは、投稿されている動画が転載かオリジナルか、などは重視していない傾向があるためです。

つまり、どんな手法であれ「バズビデオが求めるクリエイター像」=「ユーザーが面白いと感じる動画」さえ投下できれば、再生回数は集まることになります。

しかし最近は、全く編集されていない動画は単価落ちのリスクが増えてきているそうなので、適度に編集することは大事になるでしょう。

(NG=スマフォ撮影の動画で黒縁の箇所が大きく占める、解像度が低い、音質が悪い、サムネ、字幕、肉声、OP動画が入っていない)

有名ユーチューバーだからバズビデオで活躍できるわけではない

また、バズビデオのアルゴリズムでは質より、ヒットする動画数を投稿するクリエイターを推奨します。

しっかり時間をかけた動画を投稿するのではなく、あくまでバズビデオ上で支持を獲得できそうなコンテンツを「数うちゃ当たる」で投下できる人が勝てる土俵になっています。

例えば、30日かけて素晴らしい動画を作り上げても、初動の展示でバズらければBuzzVideo はその動画を「面白くない動画」と評価するのです。

そのため、バズビデオは初心者でも数を投下すれば稼げると言われているのです。

ヒットしているアカウントを参考にしよう

全くゼロからアイデアを発見するのは、どんな天才でも不可能です。

大事なのは、既に上手くいってるアカウントを研究して、自分なりに取り込むことです。

5-2.バズビデオでのテーマ選定の仕方

得意・熱量のある領域で動画を投稿しよう

バズビデオで大きな収益を獲得しようとすると、継続してい動画を投稿し続ける根気が必要になってきます。

そこで、自分の関心の無い動画を投稿し続けるほど、鉄人になれる人は少ないでしょう。

また、自分に専門性がある領域だと、意欲的に取り組めるのはもちろん、自分なりの独自の見解を入れたりできます。

そうすることで、魅力的なタイトル付なども可能になります。

バズビデオではタイトルやサムネなど、細部にこだわって投稿する必要があります。

神は細部に宿る、と言いますが、細部まで気合いを入れるためには、「得意分野」「好きで出来る分野」であることが不可欠になってくるでしょう。

「裏ワザ」(ライフスタイルなど)
「面白」(ハプニングなど)
「エンタメ」
「癒され」(ペットや子供)
「スポーツ」「車」

などの人気チャンネルから「自分が特に関心のあるジャンル」を選ぶのが良さそうです。

単価落ちしないためにもジャンルは1つに絞ろう

むやみやたらにジャンルを選ばず動画を投稿してしまうと、単価が落ちてしまう可能性があります。

ジャンルにおいては、選択と集中して、高単価アカウントを作り切った方が良いでしょう。

その後に、選定したジャンル×トレンドバズワードを入れることで高単価で、かつ再生回数が集まるアカウントを運用できます。

5-3.ユーザーの心理を考えよう

コンテンツ作成を始める前に、まず視聴者の心理を探ってみます。

どういった形であれば受けがいいか、どんな内容であれば「いいね」をもらえるかなどを考えた上で作成しましょう。

5-4.投下するタイミングを考えよう

季節トレンドを考える

10月ならハロウィン、12月ならクリスマス。といった風に、季節によって行われる大きなイベントに乗じてコンテンツを投下するとうまくいきます。

有名なピコ太郎も、文化祭シーズンに合わせてネタを投下したことによって、真似されるようになったという話があります。

大衆が注目しているイベントごとに合わせてコンテンツを投下しましょう。

5-5.ニュース性のあるテーマを選ぶ

マスメディアが頻繁に取り上げているテーマをコバンザメのように乗っかって投稿する方法は短期的に再生回数を稼ぐことはできます。

注意点は、話題のコンテンツは他の競合もたくさんアップしているので、バズビデオのアルゴリズム上、推薦されなくなる恐れがあります。

また、ニュース性のある話題は、1ヶ月もすればたいてい、忘れ去られていきます。

スピーディーに投稿し続ければバズりやすいので、アカウントを育てるという意味では、良いかもしれません。

5-6.バズビデオでのタイトル付のコツ

ストーリー性のあるタイトル

質問文をタイトルにしたり、好奇心を引き出すようなタイトルをつけたりすることによって、多くの視聴者の関心を持たせることができます。

数字を使う

数字は最も端的に具体性を表現できます。

また、インパクトがあり、ユーザーを惹きつける役割を持つので、かなり効果的です。

タイトルの長さは3~45文字

40文字以上のタイトルはアプリ内に表示しきれません。ユーザーが見える範囲で、40文字以内にしましょう。

また、特に惹きつけたいワードを左側(上の句)にもってくることで、

5-7.バズビデオでのサムネイル選びのコツ

コメントがもらいやすいサムネイルにすることがミソです。

となると、自作のサムネである必要が生まれてきます。

インパクトのある画像をカバーにする

人間の表情豊かな顔

不思議に思うような瞬間

前後の効果比較図

目立つ背景を入れる

蛍光色のバック

背景であるほうがクリック率が高まる傾向が強い

文字を装飾する

大きな文字すること

オリジナルコンテンツであると分かる文言を入れること

文字の枠に装飾を入れて目立たせること

クリックしたくなるような文言が入っていることが大事です。

文字の入れ方については、有名ユーチューバーのサムネイルを真似てしみると良いでしょう。